大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
ちぃこのダイエット速報 ~見た目編~
2007年03月30日 (金) | 編集 |
3月30日
急激に暖かくなったせいか、東京方面は早くも桜が満開とのこと。
ちぃこのお散歩コースも、それはそれは美しく彩られております。
いいよねぇ、この時期のお散歩は。。。「ほれ、ちぃこ、桜がきれいだよ」
美しいものを我が子とともに楽しみたいかあちゃんは、お散歩のたびにちぃこに話しかけてはいるんですけれど、亡きぽちくん同様、ちぃこも満開の桜には全く興味がないみたいです。ちっ!

おっと、本題からそれてしまいました。
先週21日に、インドから一時帰国していた義兄が我が家に立ち寄ったんですが、犬好きの彼は私へのあいさつは省略しても、ちぃこと遊ぶことは決して忘れません(笑)。
その義兄が、いつもどおりでれでれしながらちぃこと遊びつつ、「あれ、ちびちゃん、やせたんじゃない?」と一言。
かあちゃん、内心小躍りしつつ、「そう? そう? やっぱりやせた? 実はダイエットしてるのよ~!」
義兄「そっかぁ、ちびちゃん、頑張ったんだね」
かあちゃん「いえ、頑張ったのはちぃこよりも私なんだけど……」
義兄「あ、そうか、わはははは。。。」
我が姉は、義兄のこういう大らかなところに惹かれたんでしょうね、きっと(笑)。

それはともかくとして、義兄のあの一言で、ちぃこがスリムになったことが第三者に認められたのだと思うと、かあちゃんはすごくうれしかったです。うぅっ……ちぃこよ、頑張ったかいがあったねぇ。。。
女はやっぱり見た目が勝負よね!(←何か勘違いしている気もするが)

あ、それとね、かあちゃんも徐々にダイエット効果が出つつあります。
ここ10日~2週間ぐらいはダイエットにつきものの停滞期だったせいか、体重計の針はぴくりとも動かなかったんだけれど、おとといあたりから、じわじわと減少傾向を見せています。
しかもしかも! きょうのバレエのレッスンのときに、一緒にやっている仲間が「おしりがちっちゃくなったね」って!
足のかかとを手で横に持ち上げてバランスとるポーズがあるでしょ? Y字バランスっていうのかな、きょう、あれをやっているときに、おしりと太ももの間に筋肉のラインが見えてきれいだったって、そんなほめられ方をしたかあちゃんでした。
これも日々の筋トレ&ダイエットの効果なんでしょうかねぇ。。。

しかし、幾つになっても「ほめられる」のはうれしいものですな(笑)。
ちぃこもうれしいでしょ?

20070330213533.jpg
どう? スリムになったのがわかるかなぁ。。。
ご報告
2007年03月26日 (月) | 編集 |
3月26日
前回の記事で、老人介護施設への転職についてのアドバイスを求めましたが、自分なりに結論を出しましたので、きょうはそのご報告です。

いろいろ考えましたけれど、今回の転職は見送ることにしました。
事務畑から全く未知の分野への転職、やはりちゅうちょします。
また、夜勤が伴うことを考えると、ちぃこをひとりぼっちにすることが気になるし。。。
ほかにも理由はありますけれど、メリット、デメリットを含めて検討した上での結論です。
ブログへのコメントはありませんでしたけれど、個別にメールでアドバイスやご意見をお寄せくださった方々に、この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございました。

はぁ~、それにしても人生、思うようにいかないものなのね。。。

20070326202002.jpg
かあちゃん、私のことひとりぽっちにしない?
おぅ、かあちゃんに任しときな!

ご相談
2007年03月21日 (水) | 編集 |
3月21日
東京はいよいよ桜の開花宣言。
ここしばらく冬に逆戻りしたみたいに寒かったけれど、きょうは春らしく暖かい日なので、開花も一気に進むかな。

さて、この場をかりて、「般若日記」読者の皆様にご相談したいことがあります。
実は私、転職を考えておりまして。。。
私が派遣社員であることは何度か書いているとおりです。現在の派遣先は人間関係も良好で、なかなか居心地いいんだけれど、派遣はしょせん派遣。ずっとこのままでいるのは将来(というか老後?)のことを考えると不安で、これは!と思う求人情報に時々応募してはきたんだけれど、残念ながらすべて×。
この間も、住んでいる市内のある老人介護施設で事務職員募集をしていたので、ダメもとで応募してみたら、やっぱりダメでした(笑)。
ダメだったんだけど、昨日、「介護職員として働いてみませんか?」というお電話が……。

で、現在、どうすべぇかと考えている真っ最中です。
大学卒業以来、ず~っと事務畑でやってきた私に介護職が務まるものなのか? まぁ、死ぬ気でやれば、できないことはないとは思いますけど。
一番ネックになっているのは、大変な仕事の割にお給料が安いこと(だから、なり手がいないんでしょうね、きっと)、夜勤があるということ、そして勤務時間がシフト制で、かなり不規則な生活になってしまうということ。
特に夜勤ですね、一番の問題は。これまた何度も書いているように、私は一人暮らしなので、私が夜勤に出てしまうと、夜間、ちぃこはひとりぼっちになっちゃう。今は元気なちぃこだけど、もう老犬の域に入っているわけだしねぇ。。。人間のじーさん、ばーさんのお世話も大切だけど、ちぃこが犠牲になることを思うと……。
あ、もちろん、夜勤の日にはシッターさんに来ていただく等々、解決策はちゃんとあるんですよ。でも、そこまでして転職すべきか?というのが正直な気持ちではあります。

私も決して若くはないので(笑)、今後、転職の機会はますます減っていくと思います。そう考えると、今回、先方から申し出てくださったことは、もしかしたら人生の1つのきっかけになるかもしれない。そう思えなくもない。
とはいえ、仮に転職したとして、「こんなはずじゃなかった」なんてことになってしまうと、また新しい職を探すのも難しいし、それなら、今のまま派遣で頑張ったほうがいいのかも。。。そんなふうに弱気な考えも起きてしまうわけです。

まとまらない文章になってしまったけれど、皆さん、いかが思われますか? 特に夜勤の日、ちぃこをひとりぽっちにしてしまうことが最大のネックになっているわけですが、この点について、いろんなご意見を聞かせていただけると大変ありがたいです。
併せて、介護方面で実際にお仕事をされている方がいらっしゃれば、現場のご様子などを教えてください。参考にさせていただきます。

しかし、ブログ(しかも「犬」のブログ!)をこんな用途に使うことになるとは思ってもみなかったぞ。。。

20070321154848.jpg
かあちゃん、私の出番まだなのね。。。
ここのところ主役の座に座れなくて、ちょっといじけモードのちぃこ。

20070321155131.jpg
あ、これはいじけてるわけじゃありません。「ハウス」のお稽古中、ケージの中に顔を突っ込んで「ごほうび」をむさぼってます。

20070321154921.jpg
横から見るとこんな感じ。
お礼
2007年03月17日 (土) | 編集 |
3月17日
前回、ぽちくんの命日にちなんだ記事を書きました。
「老犬介護な日々」のサイトを書いていたころ、いつかは書かなくちゃ……と思いつつ、ぽちくんの最後についてはどうしても書くことができなかった。
1年たって、やっと、ぽちくんの最後の数時間のことを書くことができました。
書きながら涙ぼろぼろのかあちゃんではありましたが、こうやってブログに書くことができたのは、自分の気持ちに少しは整理をつけることができたからなのかな、という気もしています。
読んでくださった皆様、コメントをお書きいただいたあんこむぎさん、くうおばさん、ありがとうございました。

P051207_1221.jpg
お母さんを応援してくださる皆さん、ほんとにありがとうございます。これからもお母さんのことをよろしくお願いします。
~ぽちより~

070201001.jpg
かあちゃん、最近、私のこと忘れてない? 何やら出番が少ないような。。。

1年目の命日
2007年03月13日 (火) | 編集 |
3月13日
あと数時間で、ぽちくんが旅立ってから丸1年になります。

1年前の夕方、私が仕事をしている日中、ぽちくんを預かっていただいている病院にお迎えに行き、車で連れて帰る途中、なぜかぽちくんはず~っと鳴き続けていた。それは、家に着いてからも続いていたように記憶している。
わずか数時間後に息を引き取るなんて思わなかった私は、いつものように高栄養缶詰をお湯でゆるくしたものを、シリンジやスプーンを使ってぽちくんに食べさせた。ほんの小鳥のえさぐらいの量だったけど、ぽちくんはちゃんと食べてくれた。そのあと、お薬だって飲んでいる。
私の頭の中には、「食べているうちは大丈夫」という思いが居座っていたので、たとえほんのちょっぴりでも食べてくれたから、「ぽちくんは今夜も大丈夫」、そう思っていたような……いや、思いたかったのかもしれない。

でもね、あとになって思い返してみると、あの夜のぽちくんは、何だかいつもと違っていた。車の中でずっと鳴き続けていたのもその1つだったし、ごはんのあともなぜか鳴きやまなくて、当時、自宅の一部屋を貸していた親友のJ子と私、2人がかりでぽちくんの体をひたすらマッサージしてやった。
数日前からむくみが出ていた手足のマッサージは私が担当、背中方面はJ子担当。
マッサージの合間に、耳の遠くなったぽちくんにも聞こえるように、彼の体にほとんどのしかかるようにしながら、「ぽちくん、お母さんここにいるよ。お母さん、ぽちくんのそばにいるよ」、そう何度も呼びかけ続けた。J子も、「お母さん、ぽちくんのそばにいるよ」って励ましてくれた。
それが聞こえているのかいないのか、ぽちくんは鳴きやまない。

そのあとのことは、実はよく覚えていないんだけれど、鳴き続けるぽちくんを抱っこしておふとんに入ったのが何時ごろだったのか。。。
私はうとうとしかけていたのかな……記憶が定かではないんだけれど、はっと目を覚ますと、ぽちくんの鳴き声がさっきとは変わっている。本能的に「これはおかしい」と思って、疲れ切っていたにもかかわらず、目が覚めてしまったのかもしれない。
でも、覚めてよかった。それからほんの少しして、ぽちくんは私の腕の中から天へ帰っていきました。
時計を見ると午前零時30分過ぎ。カレンダーの日付が13日から14日へ変わった、ほんの少しあとのことでした。

あれから1年。
ここ数日、ぽちくんの命日が近づくにつれ、1年前のあれこれを追体験するような思いにしばしば襲われた。気がつくと、あの子のことを考えている。死を目前にして、あの子はどれほど苦しんだのだろう。どんな思いで毎日を過ごしていたのだろう。。。
どんなに考えても考えても、今さらどうしようもないことが頭の中に、胸の中に浮かんできてしまう。そのたびに胸の奥をえぐられるような思いがするのに、考えないではいられない。

きょう、お昼休みに、携帯カメラに保存してあるあの子の画像を見るともなく見て、改めて1年たったんだなぁって。
たくさんのあの子の姿がカメラの中には存在する。ほんとのあの子は、もうどこにもいないのにね。。。

P040228_1243.jpg
元気だったころのぽちくん。

P060208_2202.jpg
寝たきりになってしまったぽちくん。
めずらしくちぃこと一緒に。

ぽちくん。
1年たった今も、お母さんの心の中は、おまえのことでいっぱいだよ。
1年前、おまえのお葬式のときに、お母さんからの手紙を天国に持っていってもらったよね。そっちで読んでくれた?
1年前におまえに贈ったのと同じ言葉を、お母さん、もう一度おまえに贈るよ。だって、お母さんの気持ちは1年前と同じだから。

ぽちくん。
うちの子になってくれてありがとう。
十分なことをしてあげられなくてごめんね。
でも、心から愛してたよ。
今までも、これからも、お母さんが生きている限り
ずっとずっと愛してるよ。
ぽちくん、ありがとう。
いつかまた会える日を楽しみにしてるよ。

020525_150617.jpg

あす、3月14日。ぽちくんの1年目の命日。


おわび
2007年03月10日 (土) | 編集 |
3月10日
今週はほんとに忙しくて。。。
年度末のせいか、テープ起こしの依頼はてんこ盛りだし、バレエのリハではいきなり全員集合!の招集が平日夜にかかるし、それ以外にも実家の父からの頼まれ事は突発的に入るし……。私も体は1つしかないんですからね、物理的にやれることには限りがあるんだよ!!!

……済みません、つい切れてしまいました……反省します。。。

というわけで、今週はブログの記事更新ができませんでした……といういい訳をしたかったってわけじゃなくて、ほんとに忙しかったんだってば!
かわいいちぃこの般若日記を心のよりどころとしている皆さん(←そんな人がほんとにいるのだろうか?)、ほんとにごめんなさい。
せめてものおわびの印に、「本日のちぃこ」の写真をど~んと掲載いたします。

20070310202917.jpg
今に始まったことじゃないが、かあちゃんのベッドに偉そうに横たわるちぃこ。
一見、女王のような風格のちぃこですが、目つきがちょっとおねむ???

20070310202935.jpg
本格的におねむになると、途端に赤ちゃんになっちゃうところがかわいいのよね。ぐふふっ。
でもね、ちぃこ、そのシーツはお洗濯したばっかりなんだよ。またおまえの毛だらけになっちゃうねぇ。。。


ちぃこのダイエット速報
2007年03月05日 (月) | 編集 |
3月5日
首都圏は夕方から大荒れになりそうな気配。日中はほんとに暖かく、風は強かったものの、あ~春だなぁっていう「におい」がしていたのですが、今夜は春の大嵐到来?
雨も降ってきたし、きょうは早目にちぃこの夜のトイレタイムを終わらせて、家の中で嵐が過ぎるのを待つことにしたいです。。。

さてさて、先ほどちぃこの体重測定をしたところ、前回動物病院で測定したときよりも0.5キロほど減っていることが判明しました!
ちぃこ、おめでとう!!! 偉いぞ、よくやった!
あ、もちろんかあちゃんもよく頑張りました!
動物のダイエットは、本人(本犬)よりも飼い主に負担がかかるんですよね~。だから、かあちゃんもほめてあげたいと思います……だれもほめてくれないから、自分でほめるしかないんだけど(笑)。

0.5キロって、要するにたったの500グラムなんだけど、人間よりずっと小さい犬の500グラム減は、かなりでかい成果だと思います。
以前飼育していたハムスターの場合、ほんの10グラム、20グラム、さらには5グラムっていう小さな小さな違いを日々管理するために、お台所用のデジタル計りが必需品になっていました。
それを思えば0.5キロ、1キロ単位で管理できるちぃこは、はるかにラクってことになるのかもしれません。

しかし、体重測定のためには「がうぅ~っ」とうなるちぃこを決死の思いで抱き上げて、体重計に乗らなくちゃなりません。その後、ちぃこなしでかあちゃんの体重を測定し、「ちぃことかあちゃんの体重」から「かあちゃんオンリーの体重」を引いた差がちぃこの体重になるので、多少の誤差は否めないのよね。。。
でもまぁ、多少アバウトではあっても、ちぃこの体重が減っているのならそれでいいのよ。

ちぃこよ。目標まであとマイナス1キロだ!
リバウンドしないよう、ちょっとずつ頑張ろうね。
かあちゃんも発表会に向けて頑張るからね!

070106.jpg
お~う、頑張ろうぜ!
おまえ、ほんとにやる気あるの?

ひざが痛いよぉ……
2007年03月04日 (日) | 編集 |
3月4日
日曜日は午前中からバレエのレッスンです。
5月に発表会があるので、レッスンのあとはリハーサル。
本日の首都圏は気温も上がり、「白鳥の湖」の2幕、4幕通しでやると、久々に滝のような汗が。。。
みんなふーふー言いながら、汗をふきふき踊っていました。

先日、駅のホームではでに転んだ私ですが、おかげさまで両ひざ・腰骨・及び背中の痛みはほとんど取れました。
が! きょうのリハのとき、片ひざついてじ~っとしているポーズを取っていたら、何やらひざの痛みがじわじわと……。
私は「万年コールドバレエ(群舞)」なんですけどね、コールドってひざついてじ~っとしているポーズ、結構多いんですよ。けがしていなくてもこれはかなりきついんだけど、青あざが残るひざを床につくっていうのは、ほとんど拷問ですね。つ、つらい。。。

ま、そんなこんなの苦痛のリハでしたが、本番まであと2ヵ月。
なかなか決まらなかった王子様役の男性も無事?決まったし、ますます気合いを入れて、集中してレッスンしなくちゃね。

おっと、きょうはちぃこのことを全然書いていませんねぇ。。。
こんな日がたまにはあってもいいでしょ、ね、ちぃちゃん!

07021801.jpg
我関せず。。。

ちぃこのおなか具合
2007年03月03日 (土) | 編集 |
3月3日
おひな様の日です。
とっくにひな祭りの年齢は卒業していますが、きょうは実家に行って、両親と桜もちを食べてきました。それがささやかなお祭り気分かな。
あ、ちぃこのためにも余った桜もちを持ち帰りましたし(笑)、ついでにシュークリームも購入しましたので、夕ご飯のあとにでもちょっとだけおすそ分けして、彼女にもお祭り気分を味わってもらおうと思っています。
もちろん「ちょっとだけ」厳守です。何しろダイエット敢行している身なんだから。ね、ちぃちゃん!

07021807.jpg
ん~ 何か言ったぁ???

半月ほど前に新たなる「ダイエット宣言」をしたちぃこですが、さて効果のほどは?というと、多少の「お楽しみ」は残しつつ、きっちり励行している日々が続いております。ちぃこ、偉いぞ!
ただ、お食事の量が減ったせいか、なぜか夕方のお散歩時の大きいほうの排せつがまちまちになってしまって、かあちゃんとしては結構気になる日々でした。
で、おとといあたりから、人用の整腸剤(ビオフェルミンのたぐい)をごく少量、朝晩のご飯にトッピングしてみたところ、とりあえずは朝晩2回の排せつが戻ってきたみたいで、かあちゃんもほっと胸をなで下ろしております。やれやれ。。。

それにしても、不思議だなぁと思うことがあります。
びろうな話で恐縮ですが、実は私もどちらかというと便秘症でして(笑)。何が不思議かっていうと、以前、ぽちくんが元気だったころに、どういうわけか彼がお便秘なときはかあちゃんも便秘ぎみで、彼に通常のお通じが戻るとかあちゃんも快便になるという、何とも不思議な同一性が見られることがしばしばあったんです(これ、ほんとよ)。
今も、ちぃこがお便秘な日とかあちゃんのお通じがすぐれない日が何やら一致するような。。。
これって、私の単なる気のせい?
同じようなご経験をお持ちの方、あり得な~い!なんて言わずに、どうか名乗り出てくださいませ。

「エスカレーター使いません」宣言
2007年03月01日 (木) | 編集 |
3月1日
3月に入りました。2007年も6分の1が終わってしまったのね。年齢を重ねるにつれ、加速度的に時間の流れが速くなっていくような気がしませんか?

2月も終わりの27日(火)、私は大変情けない体験をいたしました。
会社からの帰宅途上、地下鉄から私鉄T線に乗りかえるために、よせばいいのに駅の構内を突っ走ったんです。別に急ぐ理由もなかったんだけれど、ちょっとでも早く帰ってちぃこの顔を見たかったわけよ(←うそ)。エスカレーターをすごい勢いで駆け上って、やれやれホームにたどり着いたと思った瞬間、まさに出発しようとする電車を目前にして、「あぁ、急がなくちゃ!」そう思いつつ足を踏み出したところ、私は生まれて初めて「足がもつれる」という経験をしました。
で、どうなったかというと、今さら書くまでもないことですが、駅のホームでで~んとすっころんだわけ。うぅっ。

「足がもつれる」って、どういうことだかわかりますか?
自分の足を、自分の脳みそor自分の思いで制御できないのよ。前に進もうとしているのに、よたよたっとしたと思ったら、前につんのめって転んでいました。

不幸中の幸いというべきか、私が転んだ位置が電車の最後尾に近かったせいか、一部始終を目撃した車掌さんもあまりのことに我を忘れたらしく(笑)、発車の合図を出し損なったのでしょう、無事に電車に乗ることができました。あの状態で、目の前でドアがぷしゅ~ってしまったりしたら、きっと再起不能になっていたことでしょう(爆)。

転び方は派手だったけど、幸い大したケガはしませんでした。両膝の打ち身と腰骨の打ち身、それと、ちょっと背中の筋を傷めたみたいだけど、まぁ大したことはないみたいです。
それよりも、「足がもつれた」ってことがめちゃくちゃショックでして。毎日朝晩、ちぃこを連れてお散歩しているし、バレエのレッスンもコンスタントに続けているし、レッスン以外の日も軽めの筋トレやってるし、多少は鍛えていると思っていたのに、やっぱり年には勝てないってこと? くすん。

いやいや! 弱気になっていてはいかんぞ!
要するに、まだまだ鍛え方が足りないってことなんでしょう。もしくは鍛え方が間違っていたとか。。。
よっしゃ! それなら改めて鍛え直してやろうではないか!
というわけで、まずは身近に始められることからと思い、昨日から出勤時はエスカレーターを使わず、せっせと階段を上り下りするように心を入れかえました。
考えてみれば、ほんの数年前までは、エスカレーターは極力使わないようにしていたんだよね。それがいつの間にやら、楽なほうへと流れていたわけでして。今回は、そういう堕落した日々の積み重ねがもろに出てしまった結果なのかもしれません。我が身への戒めだと、真摯に受けとめることにいたしましょう。
「老化の始まりは足腰から」ですよ、皆さん!

070201010.jpg
かあちゃん、年寄りの冷や水にならない程度に頑張ってね。
余計なお世話だけど、それにしてもおまえ、いい足してるねぇ。。。