大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイドルちぃこ
2007年08月25日 (土) | 編集 |
8月25日
間もなく8月も終わろうとしているのに、首都圏は本日も暑いぞ!
この暑さの中、きょうは我が家で楽しいパーティ(?)を開催いたしました……パーティっていうか、高校時代の部活の同窓会かな(笑)。

かあちゃんは中・高時代、部活で合唱をやっていまして、高校時代の部活の仲間と年1回ぐらいの割合で、ほぼ毎年のようにお食事会やら飲み会やらをやっています。毎年、発起人はM美で、いつもはどこぞのレストランとか居酒屋で開催するんだけれど、ことしはなぜかM美から「あんたんち使ってもいい?」という打診があり、我が家が会場に。。。

本日集まった同窓生は6人、うち子連れが2人。でね、Y子が連れてきた5歳の男の子が動物好きで、「わんちゃんがいる!!」って、すごく楽しみにしていたそうです。
わがままちぃこが小さい子の相手をしてくれるものか、かあちゃん、正直ハラハラしていたんだけれど、これが意外なくらい、うまくいきました。
5歳とは思えないしっかりした子で、「そんなことしたら、わんちゃんが嫌がるよ」とか、「ちぃこが言うことを聞いたら、優しくほめてあげてね」とか、かあちゃんのアドバイスを聞くと、それを一生懸命実践しようとするの。そしてね、何度も何度も「か~わいぃ!」を連発していました。
万が一、ちぃこが「がぶっ」をやらないように、彼がちぃこと遊んでいる間中、目を離さないように気をつけていたかあちゃんですが、彼の態度にはすごく感心させられるものがありました。見ていて、「ああ、この子はほんとに動物が好きなんだなぁ」って、しみじみ感じました。

ミツヤくん、「わんちゃん、か~わいぃ!」っていう気持ち、どうか忘れないでね。大人になっても、ずっとずっと動物大好き少年の心を持ち続けていてね。

……とはいえ、やはり子供のことです。ちょっと迷惑そうなちぃこを追っかけ回す一面もあったので(笑)、本日のアイドルだったちぃこはちょっとお疲れモード。
20070825201117.jpg
かあちゃん、疲れた。。。
うふふ。かあちゃんもちょっと疲れた。でも、楽しかったよね、ちぃこ。
またミツヤくんと遊ぼうね。

20070825200948.jpg
ZZZ……

スポンサーサイト
「神様先生」のお菓子
2007年08月21日 (火) | 編集 |
8月21日
3日前の土曜日は確かに涼しかった。
やれやれ、これで猛暑、酷暑も一段落か。。。と思ったのもつかの間、何なの、この暑さのぶり返しは!!!
思い起こせば3年前、ちぃこを引き取ったあの夏も暑かったなぁ……あんまり関係ないかもしれないけど。

話は変わりますが、昨年94歳で永眠した祖母の知人に、S先生という英語専攻の大学教授がおられました。熱心なクリスチャンでもあられ、とても温厚なお人柄で、我が家ではひそかに「神様先生」とお呼びしていました。
S先生は祖母がまだ元気だったころに他界されたので、もうかれこれ10年ぐらいたつのかなぁ。。。

S先生がお元気だったころ、毎年クリスマスの季節になると、それはおいしいケーキを我が家に送ってくださいました。
三越本店でしか買えないパイナップルケーキで、たしか「ホワイエ」というお店の「アナナス」というケーキだったと記憶しています。アナナスって、パイナップルっていう意味だよねぇ???

何でこんなことを思い出したかというとですね。。。
ひょんなことから親戚のお宅にお菓子を送ることになって、そのお宅のお子さんたちの好きそうなお菓子は何かなぁ……と考えるうち、ふとS先生が毎年送ってくださっていたパイナップルケーキを思い出して、「お、あれがいいじゃない!」って思ったのですが。。。
残念無念! どうも今は「ホワイエ」は存在しないみたいです。

う~ん、ほんとに残念です。
初めてあのお菓子を食べたとき、「こんなにおいしいお菓子が世の中にあるんだ!」って感動したものでした。以来、毎年暮れに送られてくるS先生のお菓子を、我が家ではそれは楽しみにしていました。
S先生、そして祖母のことも思い出される「アナナス」。もうあのおいしさを味わうことができないというのがすごく残念であるとともに、「ホワイエ」がないという現実に、時間の流れをもふと感じてしまいます。

でも、待てよ。
プロの味にはとてもかなわないとは思うけど、食べたかったら自分でつくればいいんじゃない?
……というわけで、祖母が得意としたアップルパイに加えて、神様先生ことS先生のパイナップルケーキも我がレシピに加えてみようかと、大胆不敵な計画を立てているかあちゃんです(笑)。
(ほんとにできるのかねぇ。。。)

20070821205138.jpg
かあちゃん、おなかすいた。パイナップルケーキ、私にもくれるの?
えっと……ケーキは太りやすいからねぇ。。。
かあちゃん、いつもおいしいものくれないんだもの。
だから、それはちぃこのためなんだってば!

ぽちくんの犠牲の上に。。。
2007年08月17日 (金) | 編集 |
8月17日
何やら昨日、一昨日、関東の一部地域では気温40度を超えたとか。。。ちなみに我が家もその「一部地域」に極めて近い場所にありまして、とにかく暑いぞ!!!

その猛暑、酷暑、炎暑の昨日、夕方のちぃこのお散歩時に、ちぃこの以前の飼い主さん宅の息子さん&その友人に遭遇しました。
息子さんよりもお友達のほうが積極的に、「お、ちび、久しぶりだな~!」なんて言いながら、ちぃこをなでこくってくださいまして、ちぃこもうれしかったのか、しきりに愛想を振りまいていました。もちろん、息子さんにもうれしそうにじゃれついていましたけれど。。。
息子さん、バツが悪いのか、私に対していい感情を持っていないのか(多分、両方でしょう)、ちぃこを正面から見ようとしない。じゃれついたちぃこのお手々のつめが痛かったのか、「痛いよ……」と言うばかり。
決して愛想がいいとはいえない息子さんの様子でしたけれど、単にバツが悪いというだけじゃなく、何だかさびしそうに見えたのは、私の思い過ごしでしょうか。

3年前、私はかなり強引にちぃこを引き取ってしまいました。
当時のちぃこの状態を思えば、私が彼女を引き取ったことは、彼女にとってはいいことだったと今でも思っています。
でも、あの家の人たちにもそれなりに、ちぃこ(ちび)に対する愛情がなかったわけじゃないとも思います。
今なお、前の飼い主さんご一家やそのお友達に会うたび、ひたすらな喜びをあらわすちぃこ。
見ていると、胸が痛みます。

そして、思います。
ちぃこを引き取ったことで、先住のぽちくんはさぞや大きなストレスを抱え込んだに違いない。
あの子がクッシング症候群なんていうやっかいな病気になったのも、ストレスが一因になっていたのかもしれない。
ちぃこを引き取らなければ、ぽちくんはお母さん(←私のことだ!)の愛情を一身に受けて、もっと幸せな一生を、もっと長く享受することができたのかもしれない。。。

ぽちくん亡き今、何をどう考え、どう悔やんだところで、もうどうしようもないことだとは思いつつ、「ちぃこのためにはよかった」ことが、「ぽちくんにとっては大きなストレスの原因」でしかなかったであろうことを思うと、私はもしかしたら取り返しのつかない大きな間違いをしでかしたのではないか……そんな思いに取りつかれることもしばしばです。
それでも、あのとき、私はあの状態のちぃこをあのままに見過ごすことはできなかった。それもまた、紛れもない事実です。

今、ちぃこはそれは幸せそうににこにこ笑いながら、私のそばにいます。
この幸せそうな姿が亡きぽちくんの犠牲の上に成り立っているのだとしたら、何を迷うことなく、今の私にできることは、ただひたすらちぃこを幸せにしてあげることだけ、なのかもしれません。

20070817200054.jpg
ちぃこ、あなたはかあちゃんのところに来てほんとに幸せ?

波子ちゃん
2007年08月14日 (火) | 編集 |
8月14日
毎度毎度同じ出だしで申しわけないとは思いつつ、暑い!!!
うぅ、これは一体いつまで続くんだ~!
東京電力からの「節電のお願い」なるチラシが郵便受けに入っていたけど、節電しようにも、クーラー止めたら、ちぃこが干物になるじゃないか!
……おっと失礼。暑さがかあちゃんの脳にも回って、ちょっと取り乱してしまいました。

さて、ここから本題。
以前、「いぬのえいが」っていう映画がありましたよね(私は見ていませんが)。そのDVD(なぜか中国語バージョン)を、インド在住の姉がインドで購入しまして、先日一時帰国した際に、私も見るようにと置いていきました。
ここしばらく、ドッグライフカウンセラー検定受験のお勉強やら何やらで見るヒマなかったんだけれど、昨日、さわりのところをちらっと見てみました。
そうしたら、これがちょっと変わっていてね、日本語と中国語の2重音声に加え、中国語の字幕付き。
で、前半のある場面で、少年が野原で知り合った犬と親しくなり、ボール遊びをするシーン。
少年が「ポチ~!」と呼ぶ。そのときの字幕は「波子!」でした(笑)。

う~ん、なるほどねぇ。。。
中国では、私のぽちくんは「波子ちゃん」になってしまうのね(爆)。
ぽちくんがおかまになっちゃった(というわけじゃないとは思うが)。
決して笑うようなシーンではなかったけれど、1人大爆笑したかあちゃんでした。

P050221_1902.jpg
やだわ、お母さんったら、笑い事じゃなくってよ!
お願い、ぽちくん、おかま言葉使わないで。おなかの皮がよじれる……。

上の写真、2005年2月撮影のぽちくんの姿です。
携帯カメラで撮ったのでちょっと不鮮明ですが、よく見ると、随分やせていることがわかります。

ドッグライフカウンセラー
2007年08月12日 (日) | 編集 |
8月12日
暑い!何て暑いの!!!
本日、この暑さの中、かあちゃんは都心部までとぼとぼと出向き、「ドッグライフカウンセラー」の検定試験を受けてまいりました。

終わってみて、「あ、あそこはこう書いたほうがよかったかも……」な~んて思うのは、もうとてつもなく昔の思い出になってしまった大学受験のときと同じです(笑)。
でも、終わってしまったことをあれこれ考えていても始まらない。
結果がどうあれ、やることはやったと思います……多分(爆)。
心静かに結果を待つことにいたしましょう。

別にね、この資格が取れたからどうなるってわけではないと思うのです。だって、知識はあっても、実技が伴っていない資格だから……というのが、実は正直な私の感想でもあります。
じゃ、何でわざわざ検定を受けたの?っていうと、「どんな資格でも、ないよりはマシ!」っていうのが、これまた正直な私の気持ちです(爆)。
それにね、勉強したこと自体は決してムダにはならないと思うの。ちぃことのこれからの生活のために役立つことも多々あると思うし、これまでのぽちくん&ちぃこへの接し方で反省する点があることもよ~くわかったし。
何にせよ、お勉強するっていうのは、幾つになっても大事なことなのよね。

さてさて、検定の結果はいかに。。。
ギリギリ合格ラインでもいいから、何とか受かりたいですな。。。っていうのが、かあちゃんの本音です。

20070812194432.jpg
かあちゃん、もし落っこちても、気を落とさないでね。
おまえ。。。まだ結果も出ないうちから、不吉なこと言うなっ!

はなこさん
2007年08月05日 (日) | 編集 |
8月5日
関東方面、梅雨明けと同時に猛暑です。
きょうもあち~!の1日が、間もなく暮れようとしております。

タイトルの「はなこさん」は、暑気払いをねらった怪談の「トイレのはなこさん」ではなりません。「ぞうのはなこさん」です。
昨夜、テレビで「ぞうのはなこさん」のドラマをやっていました。最近の私、2時間超えるドラマなんてめったに見ないんだけれど、これは見ました。そして号泣しました。

「かわいそうなぞう」という子供向けの本のことを知っている方は多いと思います。私もむか~し、読んだような記憶が。。。昨夜のドラマは、一部、このお話がベースになっていました。第二次大戦中、上野動物園で飼育されていた「猛獣」たちが毒殺されていった事実に基づいたお話です。
当時、動物園にいた3頭のゾウさんは、毒薬を仕込んだえさはなぜか食べようとせず、かたい皮膚に注射針も通らず、最後の最後に選んだ手段は「餓死」でした。

毒殺されていったトラやライオン、クマ。そして、長い飢えに苦しみながら死んでいったゾウたち。なぜ死ななければならないのか、なぜえさをもらえないのか、理解することもできず、「どうして? どうして?」と思いながら、苦しみながら死んでいったことでしょう。
「芸をすれば、きっとまたえさをもらえる」、そう思って、必死に芸をするゾウのはなこさん。
その姿を見ながら、どうすることもできず、愛するものを自分の手で殺さなければならなかった飼育係の方々の苦悩はいかばかりだったか。。。

テレビを見て泣いている私の横で、ちぃこはトドのように長々と寝そべり、ぐ~すか眠っていました。
今、平和な日本で、こうして犬を飼える私は何て幸せなのか。
この幸せがどうか長く続くよう、あんなことが二度と起こらぬよう……。
「美しい国」って、そんな社会を実現した、さらにその先にあるのではないでしょうか。ね、安倍さん?

あしたは62回目のヒロシマ原爆の日。そして9日のナガサキ、15日の終戦記念日へと続きます。
戦争を知らない世代の私ですが、この時期、平和な国に生まれた幸運をしみじみかみしめています。

20070805173806.jpg
トドちぃこで~す(だって暑いんだもの。。。)

「コマネチ」って言われても。。。
2007年08月02日 (木) | 編集 |
8月2日
関東地方もついに梅雨明け!
にもかかわらず、きょうは台風の影響か、お天気がいまひとつヘンです。早朝、いきなりすごい大雨が降ったかと思ったら、少しあとにはからっと晴天。ま、庭の水まきしないで済んだので助かったけど(笑)。

さて、前回に引き続き、インドのクロちゃんの写真パートⅡを公開いたします。

DSC00350.jpg

前回掲載の写真とこの写真を送ってきたときの姉のメールタイトルは、「ひねりのポーズ、コマネチ風 ~フィニッシュ!」でした。
「コマネチ」って、ビートたけしの「コマネチ、コマネチ!」じゃないのよねぇ。「モントリオールの白い妖精、ナディア・コマネチ」をリアルタイムで知ってるなんて、お姉さん、年がばればれよ!(爆)
ま、いいけどね。。。

20070802200008.jpg
ふん、どうせあたしなんか……。
あ、ごめん、ちぃこ。クロちゃんばっかり話題にして、ふてくされちゃった?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。