大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちぃこのお仕事 ~一人暮らしで犬を飼う~
2007年10月29日 (月) | 編集 |
10月29日
きのうは台風一過の秋晴れの1日でしたが、残念なことに、かあちゃんはバレエのレッスンに行くこともできず、終日おうちでテープ起こしのお仕事。
せっせと働くかあちゃんのかたわらで、ちぃこはこのとおり、ぐーたらな秋の一日を過ごしました。
20071028190406.jpg
おまえ。。。ベッドから落ちるなよ(笑)。

最近、あれこれ忙しくしているかあちゃん、自分の生活を振り返り、先日、「これでいいの?」という気持ちをつづりました。
それに対して、くうおばさんはとてもお優しいコメントを寄せてくださいましたが、反面、インドの姉からは厳しい内容のメールが届きました。
「家族がいて初めて動物が飼えると思っています」というのが、姉の正直な気持ちだそうな。
ま、正論ですな。正論というか、それが理想的な犬の飼い方だと私も思います。
極論すれば、家族がいなくて、一人暮らしでフルタイムの仕事をしているかあちゃんみたいな人間には犬は飼えないってことになりますか。

でも、ほんとにそうなのかっていうと、私はそんなことはないと思っています。
確かに、今の私の生活が理想の飼い方からはかけ離れていることは事実だし、だからこそ悩みも大きいわけですが、理想の形からかけ離れているのなら、理想に近づく努力をすりゃいい!大変乱暴な言い方になりますけど(笑)、私はそう思っているわけよ。
「ベスト=理想の飼い方」に少しでも近づけるよう、努力と工夫を怠らないこと。その積み重ねが大事なのではないか。
あ、ちなみにかあちゃんの座右の銘は、「ベストがムリならベターで行け!」です(爆)。

最近、少しだけ自分自身の意識を変えて、実践していることがあります。
毎朝、仕事に行くときに、これまでは「ちぃこ、きょうもひとりぼっちにしてごめんね」という気持ちでいっぱいだったけれど、そうじゃなく、「ちぃこ、かあちゃんがお留守にしているとき、この家はちぃこが守るんだよ。それがちぃこのお仕事なんだからね、よろしく頼むね」、声に出して、そうちぃこに言い聞かせてから家を出るようになりました。
帰宅後も、これまでは「ごめんね、ひとりぼっちで寂しかった?」だったけど、「ちぃちゃん、いい子にしてた? きょうもお仕事ありがとうね」に変えてみました。

犬はすごく感受性の強い生き物です。
私が後ろ向きに、ちぃこに対して「すまないねぇ~、いつも寂しい思いをさせているねぇ~」という気持ちを抱いていると、敏感にそれを察してしまうと思うのです。
私が言っていることを100%、ちぃこが理解しているとは思わないけれど、お留守番はちぃこにとって「かわいそうなこと」ではなく「ちぃこの日々のお仕事」であり、「1人にしてごめんね」ではなく、「きょうもお仕事ありがとう」と声をかけてあげるほうが、私もちぃこも明るい気分でいられるんじゃないか。そう考えて、「感謝の言葉かけ」を励行しているわけです。

さてさて、その成果がどう出るか。。。
まだまだ未知数ではありますが、大切なのは、理想の形から離れているからといって悲観的にならないこと、少しでも理想に近づけるよう、常に努力と工夫を積み重ねていくこと、そして、ちぃこに対して「かわいそう」というネガティブな気持ちを持たないことだと思います。
だって、私が「かわいそう」と思ったそのときにこそ、ちぃこはほんとにほんとの「かわいそうな犬」になってしまうと思うから。
20070825_9.jpg
かあちゃん頑張れ!
おう、頑張るぞ!

スポンサーサイト
老犬ゴンくんとちゃぁくん
2007年10月22日 (月) | 編集 |
10月22日
おとといの土曜日(10/20)、ご近所のシーズー犬、ゴンくんが永眠しました。享年14歳(ぐらい)。

土曜日のお昼前、わんわんマッサージの講座に参加するため駅に向かっていたときに、偶然、ゴンくんのお父さんにお会いして、「うちの犬、けさ死んだ」と。
夏ごろから、かなり足腰が危なっかしいなぁという感じを受けてはいたけれど、急なことでびっくりしました。でも、そういえば、ここしばらく、ゴンくんの姿を見ていなかったなぁ。。。
「朝5時ごろ、最後は眠るようだった」と、いつもと何も変わらない調子で淡々とゴンくんの最後を語るお父さん。はた目には元気そうに見えるけれど、心中はいかばかりか。
でも、苦しまずに旅立てたのは何よりのことだと思います。ゴンくん、最後に親孝行していったのね。

そして、昨日の日曜日、朝のお散歩のときに、いつもの遊歩道で、ゴンくんのお父さんと、シェルティのタローくんのご両親がお話ししているところに通り合わせた私とちぃこ。お仲間に入れていただいて、ひとしきりおしゃべりタイム。
思えば、会う犬にはほとんどガウガウするちぃこが、珍しくもガウガウしない相手が、このタローくんと亡きゴンくんでした。
数少ない大切なお友達?が旅立ってしまいました。
ちぃこ、かあちゃんと一緒にゴンくんのご冥福をお祈りしましょうね。

そしてもう1人、ずっと気になっている老犬ちゃぁくん。彼の姿も夏の終わりごろから見かけなくなりました。
ちぃこのお散歩コースにあるお宅で外飼いされているちゃぁくん、元気だったころは、ぽちくんとガウガウいがみ合っていたこともありました(笑)。ぽちくん亡きあと、ふと気がつけば、ちゃぁくんも足腰がおぼつかない老犬さんです。彼の姿に最後のころのぽちくんの姿が重なって、毎日毎日、ちゃぁくんの様子を見ないではいられませんでした。

8月の終わりごろだったか、朝6時前にお宅の前を通りかかったとき、ちゃぁくんが門のすぐそばで横たわって眠っていました。暑くてこんなところで寝ているのかな~?あ、でも、何だか呼吸が速いような……。ふと気になって、よっぽどピンポンして飼い主さんにお知らせしようかとも思ったけれど、余りにも早い時刻です。非常識かもしれないと思って、ちゃぁくんを放置して帰宅したかあちゃん。
彼の姿を見なくなったのは、あの日以降だったような気もします。
以来、飼い主さんに会う機会もなく、ちゃぁくんの安否を確認することができずにいます。

夏の暑さで体調を崩して、おうちの中で静養しているのかもしれない。元気になったら、またおんもに出てくるかもしれない。
いつかまた彼に会えることを願いつつ、今もちぃこと一緒にちゃぁくん宅の前を通る日々が続いています。

20071022204926.jpg
ことしの春、お宅の門扉越しに撮ったちゃぁくんの姿。
また会える日が来ることを願っています。

これでいいの?
2007年10月20日 (土) | 編集 |
10月20日
先週から始まったわんわんマッサージの講座、きょうが2回目です。
これを受講するために、「貴重なお休みの日=ちぃこと終日一緒に過ごせる日」がなくなってしまいました。
日曜日はバレエのレッスンがあります。レッスンがない日には、実家の両親に会いに行くこともあります。もちろん平日は仕事があって、家にはいられません。
毎日、「じゃね、ちぃこ、かあちゃん行ってくるからね。いい子で待っててね」と声をかけながら出かけていく私の姿を、ちぃこはちょっと首をかしげながらじっと見ています。
「かあちゃん、また私、ひとりぼっちでお留守番?」
ちぃこが人間の言葉を話せるとしたら、きっとそう言っていると思います。

こんなとき、いつも思い出す言葉があります。
「犬の十戒」の何番目だったか、「あなたには仕事や楽しみ、友達がいますけれど、私にはあなただけしかいないのですから」。

私、ほんとにこれでいいんだろうか。。。
もちろん、仕事をしなければ、私もちぃこも生きていくことができなくなってしまいますから、仕事はしなくちゃなりません。
わんわんマッサージの講座も、必要だと思って始めたことです。
バレエは私の最大の趣味だし、私が会いに行くことを楽しみに待っている親元へ行くことを削ることもできません。
でも、その「必要だからやっていること」の裏側で、ちぃこが1人寂しい思いをしているのだと思うと、「私の生活、ほんとにこれでいいの?」と、答えが出るはずもないとわかっていながら、自問自答してしまいます。

ちぃこ、ごめんね。いつもひとりぼっちで寂しいよね。
でも、あなたがいい子でお留守番していてくれるから、かあちゃんも安心して家を空けることができるの。ありがとうね。

20071020211631.jpg
かあちゃん、いつもちぃこの幸せを祈ってるよ。
ちぃこが何の不安もなく、穏やかな毎日を過ごせますように。。。
わんわんマッサージ
2007年10月14日 (日) | 編集 |
10月14日
すっかり秋になってしまいました。きょうは風もやや冷たくて、肌寒い感じです。
でも、この季節、わんにとっては一番過ごしやすい時期だと思います。
おかげさまで、心配していた血便が止ったちぃこも、ここのところ元気いっぱいです。

昨日から、いよいよ待望?のわんわんマッサージの講座が始まりました(正しくは「わんちゃんリフレ」といいます)。
きのうは初日なので、オリエンテーションと授業が2コマのみでした。もちろん、初日からいきなり生体を使ってのマッサージ実習なんてありません(笑)。

きのうの授業は、業界の知識についてと、犬の心理・行動学について。
そもそも私がこの講座を受講しようと思ったのは、全日制の専門学校に通うのは時間的に不可能だけれど、週1回ぐらいなら何とか通えるだろうと思ったことが1つ。もう1つは、手に職つけたいというのはもちろんだけれど、この講座、マッサージ以外にもかなり広範な内容を網羅しているので、いろんなことを学べそうだと思ったことがあります。
昨日の授業もなかなかおもしろかった。今後もアロマとかしつけ、わんちゃんのケア(グルーミング)の基礎などが予定されていて、かなり期待できそうです。

正直、大切な休日が丸々つぶれてしまうのはきついです。
でも、期間限定、来年の3月までの半年だと思えば、何とか頑張れそう。
もちろん、ほんの半年、しかも週1回の講座で学べることは限られていると思います。でも、何にせよ「学ぶ」というのはすごく大事なことだと思うし、足りない分は本を読んだり、独学することだって可能だし。
何より、うちには最適な「実験台」もいることだし。。。ね、ちぃこ?

20071014192913.jpg
何それ、私のこと?
うん、かあちゃんに協力してね。
ちっ!
ナビくん、どうもありがとう。
2007年10月08日 (月) | 編集 |
10月8日
3連休の最終日のきょうは、残念なお天気になってしまいました。
でも、昨日はほんとにいいお天気でした。昨日、愛車minicaを走らせて実家へ行ってきましたが、本来は運転嫌いのかあちゃんでさえ、運転しながら「あ~、いい気持ち!」って思うぐらいの、まさに秋晴れでした。

さて、昨日の実家行きは、ナビをつけてから初の遠出となりました。
お天気も申し分ないし、快適なドライブを楽しむことができました……ただし、行きだけ(笑)。
帰り道で、かあちゃん、これまでやったこともないあほなことをやらかしてしまいまして。。。
高速をおりてすぐ、ほんとは右の道路に入らなくちゃいけないのに、何をどう勘違いしたのか(いや、単にぼ~っとしていただけだとは思うが)、かあちゃん、左側の道路に入ってしまいました。
一瞬後、「あ、違うじゃない!」と気づいても後の祭りです。まさかバックするわけにもいかないし、Uターンももちろんできません。しぶしぶ前の車のあとに続くかあちゃんに、ナビは冷静な対応をしてくれました。
「新しいルートが見つかりました」に続いて、
「新しいルートで行きますか? もとのルートに戻りますか?」と問いかけてくるナビ。
う~ん、何て賢いの!

結局、もとのルートには戻らず、新しいルートを選んだかあちゃん、ナビの指示のもと、通常ルートより15~20分程度オーバーして、無事に帰宅したのでした。
ナビくん、あんたは偉い! これからもよろしくね。

話変わって、ちぃこの血便ですが、おかげさまで、けさのお散歩時には治まっていたようです。夕方のお散歩時も、暗くてはっきりしないものの、血便ではなかったように思います。
あしたの朝のお散歩で異常なければ、治まったと思ってもいいかもしれません。
やれやれ。。。
秋の健康診断 ~経過報告~
2007年10月06日 (土) | 編集 |
10月6日
本日、首都圏は秋晴れで、大変気持ちのいいお天気の1日でした。
にもかかわらず、水曜日の健診後に血便をしたちぃこは、きょうになっても相変わらず血便をするので、さすがに一過性のものとは考えにくく、病院に電話で相談しました。この秋晴れはかあちゃんには関係ないのね。。。

獣医先生の見解は、「(うんちの表面に血がついているので)大腸、もしくは直腸の、かなり肛門に近い箇所に炎症があるのでしょう」とのこと。いわゆる大腸炎と思われるので、血便が続くようなら、炎症を抑えるお薬を投与したほうがいいかも。。。と言われ、かあちゃん、けさのお散歩のときのちぃこのうんちを持って、とことこと病院へ赴きました。

かあちゃん持参のうんちで、念のために検便もしていただいたのですが、「寄生虫なし、腸内の善玉菌も正常で、特に異常なし」という結果で、大腸潰瘍を治すためのお薬を5日分いたいだて帰宅しました。だたし、「多分、(5日間で)改善すると思いますが、もしも治らない場合、肛門周辺に傷がついている可能性がありますので、おしりを見ていただいたほうがいいかもしれません」という獣医先生のコメントつきです。

とりあえずは経過観察になったちぃこです。
薬剤投与で軽快すればいいけれど。。。
20071006201410.jpg
かあちゃんは心配性ね。私は元氣よ。そんなことより、静かにお昼寝させてよね!
はい、わかってます。でもね、かあちゃんはちぃこに長生きしてほしいから、あなたのちょっとした変化にいつもぴりぴりしているの。このありがたい親心、ちぃこにわからないでしょうねぇ。。。

なぜか人気者
2007年10月04日 (木) | 編集 |
10月4日
本日の首都圏は久々にいいお天気でした。忘れていた「秋晴れ」という言葉を思い出させるような。。。

きのうの健診の際、動物病院の待合室で順番待ちをしているちぃこは、なぜか人気者でした。
ちぃこが犬に対してフレンドリーじゃないことを重々承知しているかあちゃん、よその子にがうがうしないよう、ひたすら「おすわりで待て」をさせていたところ、その姿が「おとなしくてかわいい」と見えたようです。同じく順番待ちの飼い主さん方に「きれい」「かわいい」と、さんざんほめちぎられたちぃこ。
かあちゃんももちろんうれしかったですよ~!わははははっ!

でね、どういうわけか、そのうれしさはきょうまで続いています。
夕方のお散歩のときに、祖母の仏壇にお供えするお花を買おうとお花屋さんに立ち寄ったかあちゃんですが、まず、そこの店員さんにちぃこをほめられました。
さらに、お花屋さんの隣のお洋服リフォームショップのおばちゃんと、通りすがりのおぃちゃんにもほめられました。
いわく、「おとなしくてかわいい」「何て優しい顔をしているんでしょう!」
う~む。ちぃこの本性を知っていたら、そんなこと言えないと思うけどねぇ(笑)。

ちなみに昨日、動物病院で体重測定したところ、ちぃこは10キロを切っていました。かあちゃんの努力のかいあってか(笑)、ちぃこはダイエットに成功しつつあります。
もしかして、ちぃこがやたらと人気者になったのはやせたせいかも。。。
ってことは、「やせたらこんなに魅力的になりました!」って、健康雑誌の「ダイエット特集」に掲載されるかもしれませんな(爆)。
20071004212103.jpg
あら。。。私、そんなにかわいい?
はいはい、そんなおすましポーズしなくても、ちぃこは十分かわいいよ(←親の欲目)。

秋の健康診断
2007年10月03日 (水) | 編集 |
10月3日
秋も深まりつつあるきょう、かあちゃんは仕事を休んで、ちぃこを健康診断に連れていきました。
本日のメニューは混合ワクチン接種と胸部エコー検査です。
ほんとは血液検査も一緒に済ませてしまいたかったんだけれど、血液検査をする場合、朝ごはんは抜かなくちゃなりません。これがことのほか難しくてね。。。
何が難しいかっていうと、朝ごはん抜きのちぃこの恨めしそうな目線を浴びつつ、かあちゃんだけ食べるっていうのが難しいのよ(笑)。
というわけで、血液検査はまた後日。

エコー検査の結果は、やっぱりというか。。。余り思わしくないものでした。
僧坊弁閉鎖不全に関しては、前回検査時と変わりなし。改善することはまずありませんので、進行していなかっただけよかったということでしょう。
問題は右心肥大。獣医先生いわく「(画像に)ここまではっきり映るっていうことは……」。
加えて、右心に問題があると、今後、肝臓にも影響が出てくる可能性が高いということ。
う~む。どうしたものか。。。
とりあえず、これまで最低量を投与していたエナカルドを倍量にすることにしました。
人間と違って保険がきかない犬の医療費です。ましてエナカルドは結構高額な薬剤です。それが倍量になるのは、ワーキングプア?のかあちゃんにとって、家計を直撃することにつながります。
でも、今、そんなことは言っていられません。大事なのはちぃこの命です。ちぃこが苦しむことなく、これからも生きていくことです。そのためにできることを、かあちゃんとしてはやっていくしかありません。

帰宅後のお散歩で、なぜか血便をしたちぃこ。
慌てて病院に電話したかあちゃんですが、きょうの検査で過度のストレスにさらされたために、腸のぜん動運動が活発になって、一時的に症状が出た可能性があります、とのこと。
その後はごはんをもりもり食べているので、「それなら心配ないと思いますよ」という獣医先生のお答え。
あ~、よかった!

20071003214127.jpg
ちぃこ、きょうはお疲れさまでした。半年に1回の試練だねぇ(笑)。
ふんっ。。。
合格速報!
2007年10月01日 (月) | 編集 |
10月1日
いよいよ秋本番の10月最初の日、うれしいお知らせがあります。
8月に受験したドッグライフカウンセラーの合否のお知らせが届きました。
タイトルを見れば既におわかりかと思いますが(笑)、そうです! かあちゃん、見事に合格を果たしました!
20071001205037.jpg
かあちゃん、おめでと~!
はい、どうもありがとう。

別にね、そんなに大騒ぎするような資格ではないんだけれど、やっぱり「合格」っていうのはうれしいものです。
ちぃこをとっつかまえて、めちゃくちゃなでこくり、嫌がるちぃこにちゅっちゅして、ひとしきりきゃあきゃあ喜んだかあちゃんですが、喜びが一段落したときにふっと思いました。
今、ここにぽちくんがいて、ぽちくんとちぃことかあちゃんの3人で喜ぶことができたら、どんなに幸せだっただろう。。。
そう思った瞬間、どういうわけか、涙がどわ~っと出てきてしまって、とまらなくなってしまったかあちゃんです。
合格がうれしいのか、ぽちくんがいないのがさびしいのか。。。

今回、忙しい合間をぬって勉強して、何とかギリギリのライン?で合格できたのも、きっとぽちくんが見守ってくれていたからだと思います。
5月の発表会のときもそうでした。足が痛くて、集中力が途切れそうになったとき、ふっと舞台袖に目をやると、そこにぽちくんの姿が。。。
目の錯覚だと言う人もいるかもしれないけれど、私はぽちくんが応援に駆けつけてくれたんだと思っています。
かあちゃんが本気で頑張っているとき、ぽちくんはかあちゃんのことを見守っていてくれる。これまでも、これからも。そう信じています。

気持ちが落ちついてから、改めて祖母のお位牌と、ぽちくん&亡き動物たちの祭壇に手を合わせ、お礼を言ったかあちゃんでした。
P040228_1243.jpg
おかあさん、僕、いつもおかあさんのこと見てるよ。
うん、ありがと、ぽちくん。

今月から毎週土曜日、わんわんマッサージの講座にも通うことにしています。
マッサージを覚えて、ちぃこを癒してあげられたらうれしいです。ぽちくんに間に合わなかったのは残念だけど、かあちゃん、これからも頑張るからね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。