大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お洋服
2008年01月31日 (木) | 編集 |
1月31日
ハンニャ日記を読んでくださっている皆様、このたびのちぃこの手術についてはご心配おかけいたしました。
コメントしていただいたくうおばさん、メールをお送りいただいたねねさん、インドの姉、親友J子、ありがとうございました!

昨日、病院をおん出され……いや、急遽、即日退院となったちぃこですが(笑)、傷口保護のために、獣医先生に「お洋服を着せてくださいね」と言われました。
「えっ……お洋服なんてないです」
「あ、古いTシャツなんかでいいんですよ」
そんなものあったかいな。。。と思いつつ、ふとかあちゃんの頭に浮かんできたのは、晩年のぽちくんに着せていた100円ショップの子供用Tシャツです。
帰宅後、「ぽちくんの遺品収納場所」から何枚かのTシャツを引っ張り出してちぃこに試着させてみたんだけれど、サイズが合いません。
加えて、体に触れられるのが苦手なちぃこ、前肢の袖を通すためにお手々を持ち上げようとすると、断固拒否!
悩んだかあちゃん、近くのホームセンターへ走りました。
袖を通さないで、マントみたいに背中にはおるタイプのお洋服がないかなぁって探したんだけど、あるわけないですよね。。。
結局、昨晩は、病院で巻いていただいた包帯のみで過ごした姫君です。
一方のかあちゃん、夜中にふと目覚めるたびに、「ちぃこのお洋服、お洋服……」ってあれこれ考えてしまって。。。(爆)

そして行き着いたのが、「バレエタイツの再利用」でした!
色白ちぃこに淡いピンク色のタイツなので、わかりづらいかな~。
080131 003
古くなって、穴があいて、よれよれに伸びきったバレエタイツです。
おぉ、そういえば、ぽちくんの晩年にも、あの子のひじにできたタコを保護するためにタイツを再利用したよなぁ。。。っていうことを思い出して、使ってみました。
見てくれはよくないけど、そんなことは関係ありません。
ちぃこの術後の傷口がきちんと保護されるのであれば、何でもOKなわけよ。

きのうの予期せぬ即日退院以来、一見、元気いっぱいの姫君です。
ごはんどきには一生懸命にジャンプして、「かあちゃん、早く、早く!」って催促するし。
でも、お願いだから、ジャンプしないで!
はらはらしながらそう願うかあちゃんです。だって、まだ傷口もふさがっていないだろうし。。。

実際、ちょっと見には元気そうなちぃこですが、かあちゃんには、いつもとは違うように見受けられます。
きょうは仕事を休んで終日ちぃこのそばにいたんだけれど、とにかくひたすら眠っています。
お散歩のときにも元気がありません。
080131 005
終日、こんな感じで寝てました。

080131 006
寝顔をちょっとだけアップ! 何て愛らしいんでしょう。。。

ことし12歳になるちぃこ姫。
これから先、あれこれのふぐあいが出てくると思います。
ちぃこにとってできる限り快適な生活を確保することが、これからのかあちゃんの最優先課題になるんだなぁって、決意を新たにしました。

スポンサーサイト
姫君ご帰還
2008年01月30日 (水) | 編集 |
1月30日
本日2回目の更新です。
1日で2回記事を書くなんて、ハンニャ日記始まって以来のことじゃないでしょうか。

夕方、ちぃこの様子を見に行ってきました。
自身の運転技術を全く信用していないかあちゃん、できるだけ運転は避けたいので、電車でとことこでかけました(笑)。
病院に着くと、奥のほうから何やら聞き覚えのある鳴き声が。。。
何だかいや~な気分になったかあちゃんに、獣医先生は言いました。
「あ、ちぃちゃんはね、今夜お返ししようと思っているんですよ」

はぁっ? 一泊入院のはずじゃなかったの?
かあちゃん、目が点になっていたのでしょう、獣医先生の説明は続きます。
「点滴をしようにも、興奮して(点滴の針を)取っちゃいますし、手術したのが背中なので、皮下点滴もできません。それに、あんなに鳴いていては、運動しているのも同じですからねぇ」
要するに、ほんとだったら入院して何らかの処置をしてもうらべきところ、大騒ぎした挙げ句、ちぃこは病院をおん出されたわけです(爆)。

というわけで、かあちゃん、慌てて電車で帰宅して、改めて車で姫君を迎えに行きました。
検査結果等々の詳細は後日、改めて書きたいと思いますが、心配してくださった皆様に本日のてんまつをご報告いたしたく、2回目の記事を書かせていただきました。
まぁ、無事に終わったからいいけど、それにしても、かあちゃんのシリアスな心配が笑い話になっちゃいました(笑)。かあちゃんもちぃこもお笑い系なんでしょうかねぇ(自分ではシリアス系だと思っているんだけど)。

080130 002
帰宅後、1階リビングにて。背中の包帯が痛々しい。。。

かあちゃんの仕事部屋&寝室は家の2階にあります。
2階でブログ更新していたら、よせばいいのに、ちぃこものこのこ2階へ上がってきて、ちぃこクッションでくつろいでいる……と思いきや、点滴の針を刺したあとをなめています。
080130 007


080130 008
……と思ったら、寝てました。
やっぱり疲れたよね、ちぃこ姫。今夜はゆっくり休んでね。

一人の時間
2008年01月30日 (水) | 編集 |
1月30日
きょう、ちぃこの手術の日です。
幸い朝からいいお天気で、気温もやや高め。穏やかな一日になりそうです。

午前中、ちぃこを車で病院に搬送。
きょうは朝から絶食のちぃこ、おやつでつって車に乗せるわけにはいきません。
できるだけ興奮しないでいられるよう、メッシュケージを車に積んで、その中に入れようとしたんだけれど、逆に大騒ぎ状態になってしまって(笑)、結局、いつものとおりわんこ用シートベルト着用で、相変わらず大興奮状態のまま病院へ。。。

病院では、まずエリザベスカラーの装着、そしてお約束の体重測定ののち、姫君のお引き渡し。
「では、このままおあずかりいたします」という獣医先生の一言。
「ちぃこ、頑張るんだよ!」
追いすがろうとするちぃこを振り切り、獣医先生に「よろしくお願いいたします」と深々と頭を下げて、かあちゃんは一人帰宅しました。

今ごろはもう手術は終わってるかな。。。
かあちゃん、きょうからあすにかけて一人です。
いつもかあちゃんの後ろをひょこひょこついて回るちぃこがいなくて、何だか変な感じ。
振り向けば、かあちゃんのことをじ~っと見ているちぃこの姿がないのも、やっぱり変。
「いつもそこにいて当たり前」の存在がいないのって、何だか落ち着かない気分です。

夕方、お見舞いに行く予定。
それまでまだ少し時間があるから、読みかけの「真田太平記」でも読むことにします。
あ、でも、その前に、お見舞い用におからクッキーでも焼こうかな。。。

無事終了!
2008年01月28日 (月) | 編集 |
1月28日
昨日、バレエの舞台が無事終了しました。
今回はスタジオ自前の発表会ではなく、骨髄バンクのチャリティーコンサートへの参加で、出番はわずか15分! バレエ以外にもフラダンスあり、ジャズダンスあり、ヒップホップ、ストリートダンスありの「何でもOK」のコンサートでした。

かあちゃんたちのスタジオは、「ドン・キホーテ」の「夢の場」というのをやりました。
実はかあちゃん、この舞台に向けていまひとつテンションが上がらず、何だかなし崩し的に終わってしまった感が否めません。やや消化不良ぎみ、と言えばいいのでしょうか。。。まぁ、自分の意識の問題なんですが。

とはいえ、遠路はるばる?見に来てくださったあんこむぎさんには、「バレエが好きという気持ちが伝わってきました」というあたたかなメールをいただき、ひたすら感謝、感謝です。
しかも、わざわざ楽屋までいらしてくださって、プレゼントをいただいてしまいました。。。
笑顔のすてきなあんこむぎさん、その笑顔で楽しくかつ厳しい?レッスンをしていらっしゃるんでしょうねぇ。
お二人のお嬢さんもかわいい! 人目がなかったら、迷わず頭をなでなでして、「お手!」な~んて言っていたかもしれません(爆)。人間のお嬢様を犬並みに扱ってすみません。。。

しかし、楽屋でお目にかかって、事前に面が割れてしまったのは想定外でした(笑)。
かあちゃんとしては、お目にかかったことがない→顔がわからない→よし、すみっこでこそこそ踊ったれ!という予定だったのですが。。。
でも、面割れのおかげ?で、適切なアドバイスを「教え」のプロであるあんこむぎさんからいただくことができました。何よりのプレゼントです。ほんと、ありがとうございました。

ぽちくんのサイトやちぃこのブログを通じてお知り合いになれた方といえば、ねねさん、あんこむぎさん、くうおばさん、ほかにも何人かいらっしゃいますが、不思議なご縁で知り合えたことを神様(というか、何か偉大な存在)に感謝したいと思います。
あんこむぎさん、これからもよろしくお願いいたします!

さて、できはいまひとつだった舞台ですが、とりあえず大きな失敗もケガもなく終えることができました。
次はちぃこの手術です。
十分に栄養をとって、体調を整えて、いい状態で、いい結果を出せることを祈っています。
かあちゃんはちぃこの強運を信じています。
ちぃこ、頑張れ!

無知って恐ろしい。。。
2008年01月21日 (月) | 編集 |
1月21日
ちぃこが「子羊のみみ」を丸飲みしてからはや1週間。
幸い、特段の問題も起こらずに経過しているものの、おとといの朝から下痢ぎみで、またまた心配が募ってきたかあちゃん、午前中、会社をさぼって動物病院へ行ってきました。

「子羊のみみ」の現物をパッケージごと提示しつつ、病院のカウンター越しに獣医先生に経過を説明するかあちゃんに、パッケージをじっと見ながら、先生は一言、
「これ、(おなかの)中で溶けますから大丈夫ですよ」。
はぁっ??? そうなの……???
余りのあっけなさにぼーぜんとしたかあちゃん、さぞかしまぬけな顔をしていたことと思います(笑)。
この商品じゃないけれど、類似品の豚耳のパッケージに「万一大きなかたまりを飲み込んでしまっても、消化されます。ただし、おう吐が続くような場合には獣医師にご相談ください」って、確かに書いてはありました。
獣医先生の言葉を聞くまでは半信半疑だったけれど、あ~んな大きなかたまりでも、溶けちゃうものなのね。

この1週間のかあちゃんの心配は、こうして解決しました。
それにしても、「無知って恐ろしい」!
この一件を通じて、かあちゃんはそう実感したのでした。

ところで、先の獣医先生の言葉はまだまだ続きます。
「この子(ちぃこ)の年齢では、もうこういう物は与えないほうがいいと思いますよ。
本来、耳は犬が食べる部位ではありません。
犬って骨をかじるイメージがあるかもしれないけれど、あれも違います。骨をかじっているわけじゃなくて、骨にくっついている肉をこそげているだけです。
骨型のガム、あれはメーカーがつくった、間違ったイメージから来ているものなんですよ」
……ということは、かあちゃんがよかれと思って与えていたものは、犬が本来食するものではなかったってことになります。若い子なら問題ないかもしれないけれど、老犬の域にあるちぃこには、消化吸収の面からも、胃腸に負担をかけることにしかならなかったのかもしれません。
ここでもまた「無知って恐ろしい」、改めてそう実感するかあちゃんでした。

でもでも、心配のタネはこれで一つ減りました!
帰宅後、ちぃこの顔を見ながら万歳三唱したお気楽かあちゃんです(爆)。

080121 001
ちぃちゃん、後ろ姿も美しいけど、こっち向いてくれるともっと美人よ。
おばかでまぬけでお気楽なかあちゃんにはつき合いきれないのよっ!
はい、済みません……(←図星なので反論できない)。

人体実験
2008年01月17日 (木) | 編集 |
1月17日
現在、かあちゃんは我が身を使っての「人体実験」を行っています。

そもそもの始まりは。。。
「ちぃこを車に慣れさせるレッスン」のため、とにかくできるだけ長い時間、ちぃこの意識を集中させることのできる「何か」をあれこれ考えた挙げ句、選んだのがこのでっかい骨型ガムでした。
0712016 003

確かに、これをうまく使えば、ちぃこはある程度はおとなしく車に乗っていてくれるけれど、ふと見れば、ガムが血だらけになっています(笑)。獣医先生によれば、このガムはちぃこには固すぎて、歯ぐきだけじゃなくて歯の表面も傷つけてしまうおそれがあるそうな。
ならば。。。ということで、もうちょっとやわらかめのものを探した末に、かあちゃんが選んだのが「子羊のみみ」でした。わんこのおやつに「豚耳」があるけど、あれの子羊バージョンだと思ってください(笑)。

で、この間の月曜日、検診から帰ってきて早速「子羊のみみ」を与えたところ、ちぃこは大喜び!080114 008
こ~んな感じでがじがじ、がじがじ。。。

ところがですがね、がじがじしてふやけ、小さくなった「子羊のみみ」を、かあちゃんがちょっと目を離したすきに、ちぃこは丸飲みしてしまいました! えぇ~っっ!

あれから3日。
大きなかたまりを飲み込んでも、コラーゲンが主成分だから消化されるらしいけれど、大丈夫なのかなぁ。。。「うんち」に紛れて排せつされた痕跡もないし。。。
心配が募ったかあちゃん、けさ、水につけてふやかした上、小さく切った「子羊のみみ」を、えいっ!とばかり飲み込んでみました。人間と犬とでは消化機能に違いがあるとは思うけれど、どんな経緯をたどるのか、身をもって経過観察するつもりです。

そして、夕方のお散歩のとき、草むらに落ちていた竹串をぱくっとくわえたちぃこ。
慌てて口から出させようとしたんだけれど、真ん中あたりでぽっきり折れ、とりあえず先端のとがった部分は取り戻したものの、残りの部分はが~りがりとかみ砕いた後、飲み下した姫君です。
えぇぇ~っっ!
情けないやら心配やら、複雑な心境のかあちゃん、「ばかやろ~!おまえなんか早く死んじゃえ!」というののしりの言葉をぐっとこらえ……だって、拾い食いはちぃこが悪いわけじゃなくて、きちんと管理できないかあちゃんの責任だもの。ちぃこを責めるのは単なる八つ当たり、でしょ?
とにかく、帰宅後、かあちゃんは本日2回目の「人体実験」に挑みました。
家には竹串はなかったので、幾らか竹串に近い(と思われる)つまようじを3~4つぐらいに折って、えいやっ!と飲み込んでみました。
何事もなく「うんち」に紛れて排せつされればそれでよし。
先端が胃や腸の壁に突き刺さる、もしくは大きなかたまりがどこぞに詰まったりして何らかの異常が出れば、ちぃこにも同様の症状が出るかもしれません。

何しろ、相手は共通の言葉を持たない犬ですから、身をもって確認するしかありません。
自分でもばかなことやってるなぁ……と思いつつ、やらずにいられないばかもののかあちゃんです。

決断
2008年01月14日 (月) | 編集 |
1月14日
寒い寒い成人の日、「車に慣れるトレーニング」も兼ねて、検診のためにちぃこを動物病院へ連れていきました。
おかげさまで、おなかの中の腫瘍はきょうも確認できず、行方不明でした(笑)。
でもね、やれやれとほっと胸をなででおろす暇を、残念ながら、神様はかあちゃんに与えてはくださいませんでした。
気になっていた右肩の「おでき」について、「先生、私が気にしすぎているのかもしれないけど、最初に気がついたときよりも、やっぱり大きくなっている気がします」と伝えたかあちゃん。
獣医先生、しばし無言で触診。そして、「そうですね。大きくなっているし、深くなっているみたいです」。
深くなっているっていうのは、要するに、体の奥のほうへ進んでいるってことです。

「これはもしかしたら、早目に切除したほうがいいかもしれません。
良性の腫瘍だとしても将来的に破裂するおそれもあるし、先延ばしすればするほど、手術したときのこの子(ちぃこ)へのダメージは大きくなります。この子があと1年ぐらいしか生きられないとしたらやりませんが、もっと長く生きる可能性が高いですし(当たり前だ!)。
でも、できれば(手術は)したくないですね。。。」

獣医先生のこの言葉を聞いたかあちゃんの決断は早かったです(と思います)。
かあちゃん : ちぃこ、どうする? やる?
ちぃこ    : ……。
かあちゃん : お願いします。
獣医先生  : やりますか?
かあちゃん : はい。

今月30日、ちぃこは手術を受けます。
自分で出した決断ですが、それが正しいのかどうか、自分でもわからないかあちゃん、すべては結果オーライです。
どうかどうか、良い方向へ進みますよう。。。
天国のぽちくん、ちぃこを守ってあげてね。

080114 003
最近、「ハウス」のお稽古に使っているケージがお気に入りのちぃこ姫。
気がつくと、ケージの中にちょこんと居座っています。
気分は一国一城のあるじ(笑)。
「自分だけのお城があるのっていいわぁ!」

しつけと健康
2008年01月13日 (日) | 編集 |
1月13日
種の違う人間の社会で生活する以上、わんこにしつけは欠かせません。
でも、しつけと健康、どっちが大事かっていったら、そりゃ、健康に軍配が上がりますよねぇ。。。

2ヵ月ほど前から、お散歩時のちぃこの引っ張り癖を直すため、かあちゃん、しつけトレーニングのK先生推奨?のハーフチェーンカラーをわざわざ購入して、ちぃこのお散歩に活用していました。でも、前回も書いたように、興奮してかあちゃんの静止も耳に入らなくなってしまうと、とにかくぐいぐい引っ張る→げふげふせき込む。
この状態を見ていると、う~ん、心臓が悪いちぃこにとって、しつけのためにこの強力なカラーを使うのはどうなんだろうか。。。ふつふつと疑問がわいてきたかあちゃん、昨日のわんわんマッサージの授業がしつけトレーニングだったことをこれ幸いとばかり、K先生に質問してみました。
「先生のまねっこをしてハーフチェーンのカラーを使ってみたんですが、心臓に問題のある子で、げふげふすることがあります。引っ張り癖はやや改善してきていると思います。ちなみに11歳で、以前はハーネスを使ってました。」
先生、しばし無言。。。
ややあって、「ハーネスのほうがいいんじゃない? 10歳を超えているのなら、使い分けて、長い時間のときはハーネス、ちょっと外に出すときはハーフチェーンを使うとか。」

なるほどね。。。
しつけ関連の本を見ると、「しつけは幾つになってからでもできます。遅すぎることはありません」って書いてあるけれど、これ、必ずしもすべてのわんちゃんに当てはまることではないと思います。
何度も書いているけど、かあちゃんは「しつけはオーダーメード」だと思っています。
心臓が悪くて高齢のちぃこに、若い子と同じやり方ができるはずもありません。
引っ張り癖を直すのにチェーンカラーを使うのはいい方法かもしれないけど、ちぃこにはちょっと強烈だったかもしれません。
前回の記事以降、迷いつつもハーネスに戻したかあちゃん、昨日のK先生のアドバイスを聞いて、「あ、これでよかったんだな」って、ちょっと安心しました(笑)。

080113 001
左がハーネス、右がハーフチェーンカラー。
ハーネスは亡きぽちくんの遺品です。

あしたはちぃこを動物病院に連れていく予定。
暮れの検診で「消えた!」って大喜びした腫瘍は、さてさてどうなっているでしょうか。。。
加えて、右肩の「おでき」も何だかちょっとずつ大きくなってきているみたいなので、これも診ていただかないと。
あ、ついでに「車に慣れるためのトレーニング」もやろうね、ちぃこ!

080105 005
これもトレーニングの1つです。「ちぃこ、ハウス!」

080105 006
あ、出てきちゃった。。。
ん~、かあちゃん、何か言った?
お休みのおわり
2008年01月06日 (日) | 編集 |
1月6日
10連休最終日は、バレエの稽古始めの日になりました。
ちょっと間があいたので、きょうはあんまりこむずかしいことはやりませんでした。
でも、今月27日にはちょこっと舞台もありますので、そのリハもしっかりやったので、まだ本調子ではないかあちゃん、ちょっとくたびれてしまいました。
お休み中、ちぃこのお散歩の時間もいつもより長かったし、おとといからウォーキング&ジョギングを再開しているとはいえ、やっぱりまとまった時間のレッスンはこたえるようです。

帰宅後のお散歩は、またも左岸広場経由です(笑)。
きのう、ちぃこに「おやつ」をくださったおじさんと再開、ちぃこは脇目もふらずに彼に突進していきました(爆)。こういうところはほんとに賢いんだから。。。
ちぃこ、たくさん集まっているわんちゃんよりも人間に興味があるみたいです。でも、それがなぜなのか、かあちゃんには何となくわかってしまいました。
大抵の人間は「おやつ」をくれる!
どうも、ちぃこはそう学習してしまったみたいです。
逆に、くれないとわんわんほえる始末で、これはまずいあなぁと、ちぃこの再教育に頭を痛めているかあちゃんです。

きょうも、おやつをくださったおじさんだけじゃなく、ほかの男性にもすり寄っていき、そばにわんちゃんが来ても目もくれません。
余りにもしつこくすり寄ろうとするので、かあちゃん、「いけない!」と言いながらリードを強く引っ張ったせいか、広場でちぃこの「げふっ、げふっ」という気になるセキが始まってしまいました。
あんまり引っ張るのでハーフチェーンチョークが締まったのと、いつも以上に興奮状態になってしまったのがいけなかったのだとは思います。
家に帰るころには落ちついたものの、ちょっと心配だったので、帰宅後、すぐに首輪を外して、首周りのマッサージと、呼吸器系に即効果あり!という肋骨近辺のマッサージも施してみましたが……ちぃこよ、だいじょぶ?

しかもしかも、お散歩の途中で、何やら怪しげな「黒い物体」を拾い食いしたちぃこです。
かあちゃんには、カーボン紙のようにも、海苔の切れっ端のようにも見えましたが、あっという間に口にしてしまったので、その正体はわからず。
今のところは特段の異常は見られないちぃこですが……ちぃこよ、だいじょぶ?

お休み最後の日のお散歩は、何だか大変なことになってしまいました(笑)。

080106 001
夕方、大分暗くなってきていたので、ちょっと見にくいかな~。
左岸広場に集合のわんちゃん&飼い主さんたちです。
新春・お散歩ちぃこ&ちぃトレ続報
2008年01月05日 (土) | 編集 |
1月5日
かあちゃんのお休みは、泣いても笑っても残すところあと1日となってしまいました。
楽しい時間って、あっという間に過ぎちゃうのよね。。。
時間に余裕があるときは、せめてちぃこと楽しく過ごしたいと願うかあちゃん、きょうも行ってきましたよ~!言わずと知れた左岸広場です(笑)。

何だか、ちぃこよりもかあちゃんのほうが左岸広場を気に入ってしまったような気もします。
きょうは朝夕のお散歩とも、左岸広場経由のコースでした(笑)。
朝も夕方も、たくさんのわんちゃん&飼い主さんが集っています。
常連さんっていうのかな、ちょっとしたコミュニティが形成されているようで、新参者のかあちゃんはその中に入っていくのに少し勇気が必要で、きのうは遠巻きに見ているだけでした。
でも、きょう、夕方のお散歩のときに、思い切って「コミュニティ」の中に入ってみました。

いつもお散歩のときに、よそのわんちゃんにがうがうするちぃこです。
はらはらしながら見守るかあちゃんをよそに、意外にもちぃこは結構「いい子」でした。
よその子とおしりのにおいをかぎ合う姿をみて、かあちゃん、ちょっとうれしくなりました。
あぁ、これなら大丈夫、ちぃこは犬社会でちゃんとやっていけるかもしれないなぁって。。。
もっとも、ちぃこがちょっとだけ「うぅ~っ」ってうなる一面もあったし、逆に、ちぃこに対してわんわん鳴きわめく子もいたけどね(笑)。

ついでに、「車に慣れるため」のレッスン、きょうもやりましたよ~。
きょうは8分間ぐらいかな、走行中、きゅーきゅー不安そうに鳴いていたけれど、とりあえずは何とか持ちこたえたちぃこです。
あれこれ策を弄するより、「車に乗るのって大したことないじゃん!」、ちぃこにそう覚えさせるほうがいいかなぁと、きのう・きょうで、少し作戦変更を考えているかあちゃんです。
ちぃトレの筆頭課題である「ちぃこを車に慣れさせる」は、これからもまだまだ試行錯誤が続きそうです。

080105 008
お散歩から帰宅後、お夕飯もたいらげて、ソファーでくつろぐちぃこ姫。

さ、ちぃこのお散歩もごはんも済んだし、次はかあちゃんのトレーニングね。
まだまだ本調子ではないものの、ずっとおさぼり……いや、お休みしていたジョギングを昨日から再開したかあちゃんです。
といっても、昨日はウォーキングを20分ほど、きょうはウォーキングに加えてジョギングもほんの少しだけ。
ちょっとずつ、体を慣らしていかないとね。

080105 002
かあちゃん、行くの?
うん、行く。少しだけお留守番お願いね。

新春・ちぃトレ
2008年01月04日 (金) | 編集 |
1月4日
「わ~い、10連休だぁ!」と喜んだ年末のあの日(笑)。
ふと気がつけば、お休みはきょうも含めてあと3日です。
楽しい日々は長くは続かないのよね。。。

いやいや、そんなこと言ってはいられません。
かあちゃん、前回の失敗に懲りることなく、きょうも行ってきました左岸公園です。
ちなみに、どうでもいいことだとは思いますが、正しくは「左岸公園」じゃなくて、「左岸広場」だそうな(爆)。

きょうは朝のお散歩も夕方のお散歩も、左岸広場経由のコースでした。
最初のときとは違って、きょうは比較的落ちついていたちぃこ姫。
広場に集まっていたたくさんのわんちゃんたちに、ちょっとびびりつつも、おしりのにおいをかがせてもらったりしていました。普段、他犬に対してはすぐにがうがうするちぃこにとって、これは画期的なことかもしれません。
お散歩の所要時間は約45分。う~ん。毎日はムリだけど、せめてお休みの日ぐらいは「左岸広場コース」に連れていってあげたいなぁ。
そう思ったかあちゃん、あしたもまた「左岸広場コース」行きは決定です!(笑)

さて、年末にかあちゃんが体調崩したのは、ほんとに想定外のできごとでした。
かあちゃんとしては、長いお休みを利用して「ちぃトレ(ちぃこのトレーニング)」に専念するつもりだったのに、完全に予定が狂ってしまいました。
そして、きょう、久々に「ちぃトレ」再開です。
何をしたかっていうとですね、何日ぶりかでちぃこを車に乗せてみました!
結果は。。。あ~ぁ、スタート地点に戻っちゃったみたいです(爆)。

ま、仕方ないよね。
「車に乗る=何だか嫌なところ(大体は病院)に連れていかれる=痛いことをされる」と学習しているちぃこに、「な~んだ、車に乗るのなんてどうってことないじゃん!」と教えなくちゃいけないわけですから、それなりに時間はかかると思います。

というわけで、きょうから2008年の「ちぃトレ」を開始いたしました!
どうか末永く見守ってやってください(笑)。

071231 001
本日の記事とは全く関係ないけど、昨年の暮れに撮影したちぃこの愛らしい寝姿をお届けします(←単なる親バカ)。

071231 002
ちょっと拡大してみました。

071231 003
さらに拡大すると。。。あ~、何てかわいいの!(←親バカ丸出し)

新春・お散歩ちぃこ
2008年01月02日 (水) | 編集 |
1月2日
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
……これを、ほんとはきのうのうちに書きたかったんだけれど、年末に引き込んだカゼが治らなくて。。。
38度超の熱は翌日には下がり、「おぉっ!かあちゃんの回復の早さは犬並みか?」と喜んだものの、ひどいセキは相変わらず、さらに37度を前後する微熱も続き、何だかとほほな年明けになってしまいました。

昨日はぜいぜいいいながらも、実家に新年のあいさつへ行ってきましたよ~。
母は具合悪そうな娘を気づかい、一方の父は、どうも手ぐすね引いて娘の到来を待っていたらしく、ここぞとばかりこき使われました(笑)。
庭にビニールハウスをつくる手伝いをしたんだけれどね、元気なときならともかく、寒風吹きすさぶ中での作業は、さすがの私もつらかったわよ、お父さん!(爆)

……というわけで、ブログ更新は本日に持ち越しとなったのでした。

きょうも体調はあんまりよくありません。
でも、お正月ぐらいちぃこ姫に家族サービスしないと、彼女もぐれてしまうかもしれません。
で、まずは朝のお散歩を通常より長くしてみました。(←単純)
心臓の状態が心配なので、いつもは30分以下なんだけれど、きょうは思い切って遠出して、1時間近くも歩いたでしょうか。
帰宅後、幸いにちぃこは元気いっぱいです。いつも心配過剰ぎみだったかな。。。
080102 001
午前中、日だまりの中でくつろぐ姫君。

午後も姫のお供で、川沿いの左岸公園へ。。。
080102 003
自宅から約20分、こんな広々とした空間が広がっています。
「ここにドッグランができたらいいのに。ね、ちぃこ」

ちぃこのおやつも用意して、かあちゃんのおやつも用意しての左岸公園行きでしたが、残念ながら、あんまり楽しくなかった。
初めての場所で興奮してしまったせいか、ちぃこったら、かあちゃんの指示を全然聞いてくれないし、あっちへ引っ張り、こっちへ引っ張りで、首のハーフチョークチェーンが苦しくないかって、はらはらの連続でした。
慣れない場所へ行くときは、思いつきで行動しちゃいけなかったんだなぁと、新年早々、ちょっと反省するかあちゃんです。
080102 004
公園での1枚。後ろの影はちぃこ&かあちゃんよ(笑)。

帰宅後、ちぃこはカーペットにすりすり。
これ、よくやるんだけれど、何か意味があるのだろうか。。。
080102 005

さて、ちぃこよ。夕方のお散歩に行くぞ!
きょうはいっぱい歩いたから、夕方はちょい短めね。
えぇぇっ~!

ばたばたと始まった2008年ですが、ことしも「ハンニャ日記」をよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。