大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
たくさんの花に囲まれて
2008年06月22日 (日) | 編集 |
6月22日

もう2週間も前のことになってしまいますが、8日(日)朝、突然お花が届きました。
送り主は「老犬おふくさん」「やんちゃなまりちゃん」のお母さん、くうおばさんでした。
あっとびっくりのかあちゃんですが、その数日前、ちぃこの突然の死を知ったくうおばさんから、「お手紙を送りたいので、よろしければ住所を教えてください」というメールをいただいてはいました。
お手紙が届くとばかり思っていたかあちゃん、まさかこんなにきれいなお花をいただくなんて……。

ちぃこのイメージに合わせてくださったのでしょうか。
ピンクと白のかわいらしい花かごです。
添えられたメッセージには、「ちぃこちゃん、いっぱいいっぱいありがとう」。。。
080616 013


くうおばさん、こちらこそありがとうございました。
ブログで知り合ったくうおばさん。お顔も知りません。
でも、くうおばさんやねねさんは、私にとって「心の友」です。ほんとにありがとうございます。

その日の夜、休日のおくつろぎの時間にめ~わくかな。。。と思いつつ、くうおばさんにお電話してしまいました。
優しそうな、かわいらしいお声のくうおばさん、お話しできてとてもうれしかったです。ありがとう、ありがとう。

ちぃこのお葬式は、死の2日後の6月4日に行いました。
亡くなってからの2晩、ちぃこはかあちゃんのベッドで一緒におねんねです。
夜中に目が覚めるたび、かたわらに横たわるちぃこの頭をなでなでします。
体はすっかり冷たくなっているのに、ちぃこの表情は穏やかで、静かに眠っているようにしか見えませんでした。
どんなになでなでしても、ハンニャにならないハンニャ姫です。
そんなのって、ちぃこらしくないよ。。。

080616 002
お葬式の日の朝、かあちゃんのベッドに横たわる姫君。
首もとのバンダナは、シッターSさんからプレゼントされたものです。
ちぃちゃん、ピンクがお似合いよ。

お葬式は、ぽちくんのときにもお世話になった「ペットPaPa」にお願いして、自宅の庭で荼毘に付しました。
シッターSさんと姉にも参列してもらい、私が用意したお花だけではなく、Sさん、姉から贈られたたさくんの花々に囲まれて、あの子は帰天いたしました。
2008060409430000.jpg
花いっぱいのちぃこ姫。今にも動き出しそうです。
ねぇ、ちぃちゃん、おねんねしているだけなら起きてよ。。。

ありがとうございました。
2008年06月07日 (土) | 編集 |
6月7日

前回の記事「旅立ち」にコメントをお書きくださった皆さん、ありがとうございました。
お一人お一人にきちんとお返事書かなくてごめんなさい。
感謝の気持ちをこめて、改めて記事を書かせてくださいね。

ちぃこの旅立ちの詳細については、今、まだ書くことはできませんけれど、いずれ、もう少し気持ちが落ちついたら、ぼつぼつつづりたいと思っています。
また、生前の笑えるエピソードもたくさんあるので、思い出したときに書いていきたいです。

あまりにも潔く、あの子は旅立っていきました。
親友J子いわく「武士みたいね」って、まさにそんな感じの最後でした。
ちぃこ、かっこよすぎよ。

ヒロイン不在となってしまいましたけれど、これからもハンニャ日記は続けていきたいと思っています。
時々、お立ち寄りくださいね。
そして、あの子の思い出話におつきあいいただければ、すごくうれしいです。

皆さん、ほんとにありがとうございました。

080602_1145~01
シッターSさん撮影のこの写真が、生前最後の姿になってしまいました。
亡くなった当日、昼間にシッターに来ていただいたときも、普段と全く変わらない様子だったとのこと。
あの子は、死の直前まで楽しそうにしていました。

旅立ち
2008年06月04日 (水) | 編集 |
6月4日

おととい(6月2日)の夜、ちぃこはぽちくんのいる国へ旅立っていきました。
あまりにも突然の旅立ちでした。