大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
冬の夜に。。。
2009年12月21日 (月) | 編集 |
12月21日

12月も下旬に入り、首都圏も寒い毎日が続いています。
ヘルパー2級の資格取得のためのお勉強を始めたかあちゃん、最近、ちょっと多忙です。そういうわけで、なかなかブログも更新できず。。。(←いいわけ)

さて、先日、S市内のとある駅前で、かあちゃんの目を惹きつけたものがありました。思わず「写真撮ってもいいですかぁ?」と、飼い主さんに聞いてしまったかあちゃんです。
20091218180127.jpg
う~む。。。
さしずめ「小ぶりなぽちくん」&「ややでぶな姫君ちぃこ」といった風情でしょうか(笑)。

20091218180138.jpg 20091218180144-2.jpg
カメラ目線のこの子、お鼻の微妙な色合いまで姫君に似ています。
そして、「いや~ん」という感じでてろんと横たわる茶色の子。。。この姿はぽちくんというより、どちらかというとびーに近いものがあります(爆)。

この子たちは、きっと仲よしなんでしょうね~。
ぽちくん&ちぃこがこんなふうにケンカもせず、静かに寄り添ってお座りする姿は、残念ながら見ることはできなかったもの。もっとも、寄り添って眠る写真が1~2枚、奇跡的に残ってはいるけれどね(←ほんとに奇跡です)。

もういないあの子たちに思いをはせつつ、何だかほのぼのとユーモラスな2頭の姿に、ふっと笑いを誘われるような、心温まるひとときを過ごした冬の夜のできごとでした。

インフルエンザ
2009年12月07日 (月) | 編集 |
12月7日

冷たい風の吹く月曜日です。
昨夜からちょっと熱っぽかったかあちゃん、「インフルの検査受けたほうがいいよ」という職場の上司の指示もあり、ご近所のクリニックに電話してみました。
ところがですね。。。「38度以上の熱が12時間以上続いた場合、検査の対象になります」とのこと。
けさはすでに平熱に戻っていたし、熱があるといっても微熱程度のかあちゃんは、対象にはなりません。
でも、ちょっと不安もあったので、「でも、職場から受けるようにという指示があったのですが……」と食い下がってみました。
そしたら、「念のために検査したいという方は大勢いらっしゃいます。特に小中学校のお子さんの場合、治ったかどうか調べてほしい、ということもあります。ですが、全てのかたを検査することはできません」というクリニックの説明です。

う~ん。
それは確かにそうなんでしょうけれど。。。
クリニックの方のおっしゃることがわからないわけじゃありません。
また、かあちゃんみたいに対象外になる場合、「インフルエンザに感染している可能性はきわめて低い」ということでもあるのでしょう。
でも、可能性ゼロじゃないはずです。
万が一にも感染していたらどうなるのでしょう。
かあちゃん、知らないうちに感染拡大の元凶になってしまうことになります。

また、38度未満の熱だったのに陽性と診断され、否応なしにタミフルを処方された、なんていう話も聞きます。
自治体、あるいは病院によって対応が違うということなのでしょうか。

これって問題あり、じゃないの???
感染拡大を防ぐために、もっと何か方法はないのでしょうか。
我が国の危機管理態勢はどうなっているのでしょうか。いささか対応が甘過ぎはしないでしょうか。
何とも釈然としない思いを抱えてしまったかあちゃんです。
ですが、とりあえずは「感染の可能性はきわめて低い」ということを信じるしかありません。

朝には平熱に戻っていたけれど、お昼近くになって、また少し上がってきたようです。
きょうは大事をとって、仕事はお休みさせていただきました。
びーちゃん抱っこして、ぬくぬく状態でゆっくり過ごしたいと思います。
びーにかぜがうつらなきゃいいが……

20091201122903.jpg
おかあさん、バカはかぜひかないって言ってたでしょ。だから、僕は大丈夫よ。
あ、そ~だったね。びーちゃんはかぜひかないよね。あはは!
むっ! 僕、ちょっとケンソンしたのに。。。

写真提供はシッターSさんです。
Sさん、愛らしい写真ありがとう!