大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
命日
2011年02月06日 (日) | 編集 |
2月6日

あっという間に1月が終わり、2月になってしまいました。
ブログ更新も約1ヵ月ぶりです(笑)。
さぼりぎみのかあちゃんですが、忙しさに免じていただきたく。。。

先日、2月2日は祖母とジリスのアルブレヒトくんのダブル命日でした。
アルブレヒトくんはともかく、祖母の命日なので、お休みを取って実家に行ってきました。
姉とも相談の上、一緒に出向いたので、両親も喜んでくれたみたいです。

祖母の死からはや5年、来月は、祖母の後を追うように旅立ったぽちくんの命日がやってきます。
5年の間、いろんなことがありました。
ちぃこの死、びーとの出会い、そしてお世話になった派遣先企業の皆さんとのお別れ、新しい職場でのあれこれ……。
思い出すにつれ、一つ一つのできごとが、かあちゃんにとって意味深いものがあったなぁと感じています。

話は変わりますが、最近、出勤前にびーちんに「お留守番はびーのお仕事だからね。お母さんがお留守の間は、びーがこの家を守ってね」と言い聞かせてから家を出るようにしています。
そうするとね、不思議とびーのいたずらがおさまっているように思えるのです。
以前はテーブルの上の新聞やら本やらをかみかみしていたのに、最近はそういうことがあんまりありません。
かあちゃんが言っている言葉の意味はわからないかもしれないけれど、びーなりに何か感じることがあるのかもしれない。。。
「言霊」の持つ力なのでしょうか、何とも不思議ではあるけれど、紛れもない事実です。

110206 002
かあちゃん作の書き初め。
施設のお正月週間のイベントのときに書きました。
ほかにいい言葉が思い浮かばなくて……(爆)

110206 005
この写真、顔の向きといい、どことなくぽちくんの面影を感じさせます。

110206 003
カメラ目線のびーちん。ちょっと緊張ぎみ?(笑)

110206 004
少しだけアップするとこんな感じ。何やらまじめそうな犬に見えますが、実は。。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。