大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初ライブ
2012年05月19日 (土) | 編集 |
5月19日

昨夜、かねてより念願だった田中雅之さんのライブに行ってきました!
代官山シンプルボイスという、50人程度のライブハウスです。
事故であの高音域を失った田中さんですが、そんなこと、もうどうでもよくなってしまうほどのすばらしい歌声、そして、「歌が好きで好きでしょ~がない!」といわんばかりの笑顔が最高にすてきでした。

逆境の時代もあった田中さんですが、歌うことをあきらめず、今もこうしてステージに立っている姿に、かあちゃん、すごく大きなパワーをもらいました。
介護職に転職して以来、かあちゃん、仕事の忙しさを理由…いや、いいわけに、大事なことを忘れていました。
好きなことをあきらめずに、ひたすら続けていくこと。
かあちゃん、大好きなバレエを細々と続けてはいますが、「もう幕物の舞台に立つことはできないだろな」って、勝手に決めてかかっていたのです。
でも、ほんとにそうなんだろうか。。。
やりもしないで決めつけていないだろうか。。。
昨日の田中さんを見ていて、かあちゃん、ふとそんなことを思いました。

やってやれないことはない。
やらずにできるはずがない。


毎朝ぶつぶつつぶやいているこの座右の銘の意味を、かあちゃんは忘れていたようです。
できるかできないか、それはやってみなければわかりません。
とにかくやってみよう。
先日、スタジオの先生に誘っていただいた来年1月のバレエの発表会、返事保留にしていましたが、かあちゃん、参加することに決めました。
背中を押してくれたのは、昨夜の田中さんのライブです。

仕事との両立、経済的な面、健康状態が思わしくない実家の両親のことetc.
問題は多々あるけれど、とにかくやってみよう。
それに、今やらなければ、もう先がないかもしれないのです。
これから少しずつ老いていくであろうびーのことや、何よりかあちゃん自身の体力も衰えていくでしょう。
いつ、「もうバレエはムリ」という日が来てもおかしくないことを考えれば、もしかしたら、もう今しかないのかもしれません。

発表会でやる、ショパンの楽曲にのせた「レ・シルフィード」は、一度はやってみたいと思っていた作品でもあります。
来年1月に向けて、かあちゃん、頑張ろうと思います。
勇気をいただいた田中さんの歌声と笑顔に、改めて感謝感謝!
ライブ、またぜひ聞きに行きたいです。
どうか末永く歌い続けてください。
そして、たくさんの感動をたくさんの人に届けてください。
これからも応援しています。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
鳩さん~続報~
2012年05月05日 (土) | 編集 |
5月5日

子どもの日の今日は、久々に朝から快晴でした。
鳩さん、雨も大変だったけど、日中の日差しも大変だろうなぁ。。。
そんなことを考えていたかあちゃんですが、それ以上に恐れていたことが起こってしまいました。

出勤時、車に乗る前に鳩さんの巣を見上げてみると、それまでは巣の中でうずくまっていた鳩さんが、ぴん!と首をのばして、何か警戒するようなそぶりをみせていたのです。
そして、すぐそばの電線にはカラスさんが。。。
気になったかあちゃん、しばらく様子を見ていると、カラスさんが鳩さんの巣めがけて突っ込んでいきました。
どしゃぶりの雨には耐えることができた鳩さんですが、カラスさんの襲撃にはひとたまりもなかったようで、すぐさま飛び立ってしまいました。

巣の中には、卵が2個あったようです。
鳩さんに続いてカラスさんも飛んでいってしまったのですが、すぐに戻ってきたカラスさん、残された卵を1個、丸飲みしてしまいました。
かあちゃん、2個めをくわえたところまでは確認したのですが、それも丸飲みしたのかを見届けることなく、出勤しました。

飛び立っていった鳩さんは、どんな思いで卵を置いていったのでしょうか。
どしゃ降りの雨の中、あんなにもけなげに卵を抱いていた鳩さんの姿が忘れられません。
その一方で、カラスさんだってごはんを食べなければ生きていけないわけですから、カラスさんを悪者!と決めつけることもできないのです。

今朝、複雑な思いで出勤したかあちゃん、帰宅後にからっぽの巣を見上げて、あぁ、ほんとにいなくなっちゃったんだなぁと痛感させられました。

鳩さん。
改めてごめんなさい。
どうかよりよい場所を探して、また巣をつくってくださいね。
ごめんなさい。
ごめんなさい。
鳩さん
2012年05月03日 (木) | 編集 |
5月3日

憲法記念日の今日、首都圏は大雨でした。

おとといの5月1日、かあちゃん宅では庭の樹木の剪定をしました。
剪定は4年ぶりでしょうか、すっきりさっぱりしたなぁと安易に喜んでいたかあちゃんですが、生い茂っていた葉っぱがなくなったことで、しいの木に鳩さんが営巣していたことが判明しました。
これまで目隠しになっていた葉っぱがなくなって、鳩さん、あれあれとびっくりしたのではないでしょうか。

目隠しがなくなって、カラスに襲われないだろうか。。。
かあちゃんはまず、それが一番心配になりました。
それに加えて、昨日から今日にかけての首都圏の大雨です。
雨の中、濡れそぼって卵を抱くのは大変なんじゃないだろうか。。。
それもまたかあちゃんの心配の種になり、昨夜は雨音で何度も目がさめてしまいました。
しかも、夢の中には鳥さんが出てくるしまつです(笑)。
かあちゃん、鳩さんのことがとにかく気になって、気になって。。。

雨の中、鳩さんは巣の中でじっとしています。
きっと、卵をあたためているのでしょう。
ひながかえっても、巣立つまで無事に育つことができるのかどうか。。。
鳩さんにとって子育ての最強の味方であったであろう生い茂ったしいの木を、よりによってこの時期に剪定したことを、かあちゃん、深く深く悔いているのです。

鳩さん、ごめんなさい。
おとといから、何度そう思ったことか。。。

先月、短いご縁だったけれど、ねこのさくらちゃんとの出会いがありました。
そして今また、雨の中、けなげに卵を抱く鳩さんの姿を目の当たりにして、かあちゃん、命の重み、そして、動物と人間との共生について、改めて考えさせられています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。