大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体調不良
2014年09月12日 (金) | 編集 |
9月12日

先日、びーが嘔吐・下痢をしました。
病院でお薬を5日分いただき、下痢はほぼおさまりましたが、まだ少し便がやわらかめです。
嘔吐も2回あったので、毎年10月にやっている秋の健康診断を1ヵ月前倒しでやっていただきました。
血液検査の結果、肝機能の指標になるCOT、GPT、Alpが高値、また、膵炎の指標になるリパーゼの値も正常域内だけど、気になる結果が出てしまいました。
膵炎は、のらくんもやってるんだよね。。。
残念ながら膵炎の特効薬はなく、強肝剤を10日分処方され、現在経過観察中です。
さらに、尿検査の結果では、結石のもとになるストルバイトが今回も検出されました。
貧血も相変わらずです。

幸い、嘔吐は2回でおさまり、今は食欲も元気もあって、のらくんがプロレスのわざをしかけてくると、がうがうと反撃しています(笑)。
このまま回復してくれることを祈っています。

びーがうちの子になって6年がたちました。
当時4歳だったびーも、はや10歳です。
ぽちくん&ちぃこは、引き取った当初から既に老犬だったので、4歳のびーが来たとき、「初めての若い子だぁ!」と喜んだかあちゃんでしたが、びーもそろそろ老犬さんの仲間入りです。
お口回りが黒くて、いわゆる「泥棒さん顔」のびーですが(笑)、最近では白っぽくなってきています。
少しずつ、少しずつ、びーも年老いていくことを、かあちゃんも見て見ぬふりはできなくなってきているのかもしれません。

これまで以上にびーの健康状態に配慮していこうと、かあちゃん、改めて実感したのでした。

20140527101551.jpg 20140831151347.jpg
今回はびーのことを書いたのに、なぜかのらくんのほうが偉そう。。。
現在、のらくんはかあちゃん宅の「最強の生物」なのです(笑)。

話は全く変わりますが、先月、かあちゃんは何年ぶりかでばっさりと髪を切り、何十年ぶりかで(爆)パーマなんかもかけてしまいました。
パーマかけたのは大学1年生の時以来かなぁ。。。
すっかりイメチェンなったかあちゃん、職場のデイケアの利用者様からは好評を博しております(笑)。
「誰だかわからなかったよ。新しい職員さんが入ったのかと思った」とか、「かっこいいよ」、「若く見えるよ」、「びっくりした~」などなど。
朝、出勤前のあわただしい時間に髪を結うわずらわしさからも解放され、利用者様からもほめられ(爆)、大満足のかあちゃんなのでした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。