大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母との同居
2015年06月29日 (月) | 編集 |
6月29日

6月ももう終わりです。
6月8日、びーちんは11歳のお誕生日を迎えました。
年齢的にはもういいじーさんだけど、赤ちゃんのような愛らしさは変わりません。

びーちん、おくればせながら、お誕生日おめでとう(ございました)!!!

そして、先月から我が家にはもう一人の高齢者が。。。
他県に住んでいた母が、もろもろの事情により、かあちゃんと同居することになって1月以上がたちました。
同居といっても、月の大半をショートステイで過ごしているので、かあちゃん宅にいる日は何日もありません。
ですが、そうはいっても、あれこれの仕事?はふえました。
転居の手続き、介護保険の手続き、住宅改修の手続etc.
毎月のショートステイのスケジュールは、かあちゃんのお休みに合わせて考えなければなりません。
仕事をしながらの介護の難しさを、ほとほと感じています。

それにしても、なんて「手続き」の多いことか!
快適に暮らすためとはいえ、とにかく煩雑です。
高齢者にはムリ!と思われることが多すぎるぞ。。。かあちゃん、そう感じています。
だれのための介護保険なのか?
高齢者のためじゃないの?
もっと使いやすく、わかりやすいサービス提供の方法を考えてほしいなぁ。。。

というわけで、少々お疲れモードのかあちゃんですが、かあちゃんにとって「親」と呼べる人は母だけになってしまいました。
超高齢でもあり、あとどれくらい一緒の時間を過ごせるのかわかりません。
残りの時間を、母がおだやかに、楽しく過ごせるよう、かあちゃん願っています。

あ、母はびーちんとのらくんと、仲よしになりました♪
よく一緒におしゃべりしています(笑)。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。