大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
のらくんの教育
2016年05月19日 (木) | 編集 |
5月19日

少しずつ、初夏の陽ざしを感じるようになってきました。
暑いけれど、湿気はなく、さわやかな公休日です♪

お蔭さまで、びーは抗がん剤の副作用がほとんど見られず、以前と変わらない日々を過ごしています。
けれど、進行性の腫瘍があることは否定できない事実です(否定したいけど)。
毎朝、出勤前、後ろ髪引かれる思いで家を出るかあちゃんです。
留守中に何かあったらどうしよう。。。
急変しないだろうか。。。

仕事が多忙で、家にいられる時間が少ないかあちゃん、現在、のらくんの教育に取り組んでいます。
朝、家を出る前に、のらくんの耳元でささやきます。
「のらくん、おかあさんがいない間、びーにいちゃんを守ってあげてね。さびしい思いをしないように、そばにいてあげてね。」
う~ん。これは教育というより、洗脳か?(笑)

果たしてのらくんが理解してくれているか、わかりません。
何かあっても役には立たないかもしれないし、もしかしたらびーをかじっているかもしれないけど(爆)、でも、びーは一人じゃない、いつものらくんがそばにいる。
そう思うと、心がほんわかして安心するかあちゃんなのです。

ただの自己満足?
それでもいいの。
びーとのらがいつも一緒にいてくれることが、とても大切なんです。
のらくんがうちの子になってくれて、ほんとによかったなぁと感じています。

IMG_0014縮小
のらくん、の~んびりくつろいでいます。

IMG_0013縮小
暑くなってきて、だれだれのびーちんです(笑)。
「獣の奏者」を読んで
2016年05月13日 (金) | 編集 |
5月13日

上橋菜穂子さんの「獣の奏者」の本編を読了しました。
今は外伝を読んでいます。

上橋さんの著書は、「狐笛のかなた」に次いで2作目です。
「狐笛のかなた」は、ほのぼのとして幸せな終わり方をしていましたけれど、「獣の奏者」はハッピーエンドとはいえないかもしれません。ですが、夢中になって読みました。そして、感動し、深く考えさせられる内容だったと思います。

敵国よりも強大な武器を持つことが、国民を守り、自国の平和を維持することにつながる。
この作品から、かあちゃんはそんなメッセージを送られたように感じています。
そして、世界的に、そんな風潮が色濃くなってきているような気がします。
我が日本もしかり、です。

「毎日夫人」という小冊子があります。
かあちゃんが購読している毎日新聞が出しているもので、この中で連載中の諏訪哲史さんの「うたかたの日々」、4月号「風刺劇」というのがとてもおもしろかった。
安倍晋三首相とそのおじいさま(昭和の妖怪と異名をとった元首相)の会話で成り立っていますが、孫をして再び軍国主義に走らせようとする内容です。
まさに今の日本、こんな状態にあるのかもしれないと、かあちゃんも思います。

安倍総理。
この二つの作品をぜひ読んでみてください。

びーは今のところ落ちついています。
のらくんも相変わらず、元気元気。
この日々が長くつづきますように。。。
今日一日を
2016年05月06日 (金) | 編集 |
5月6日

5/1の日曜日、びーは1回目の抗がん剤治療を受けました。
今のところ、特に副作用は見られず、手術前と変わらない生活を送っています。
術後、エリマキトカゲ状態のときにはストレスのせいか、少し元気がありませんでしたが、今は元気いっぱいで、大好きなボール遊びも再開しています♪

5月1日。
この日がスタートです。
この日に撮った胸部レントゲン、そして血液検査の結果をベースに、今後の治療をすすめていくことになります。

image3.jpg
エリザベスカラー装着で、エリマキトカゲ状態のびー。
ストレスいっぱいでした。

びーの治療に使っている抗がん剤は、強い副作用は出にくいものだそうですが、出るとしたら消化器症状や骨髄抑制などがあるとのこと。
今日、血液検査を受けたところ、白血球は変化なしでしたが、赤血球がかなり減少していました。
もともと貧血があるびーちん、今後の状態の変化に要注意です。

抗がん剤投与の日、がんの進行時には、がんの栄養素になる炭水化物(糖質)を控え、高たんぱくの食事にしたほうがいいと、獣医先生からアドバイスを受けました。
単純なかあちゃん(爆)、さっそく、ビスケットなどのおやつをやめて、塩分無添加の煮干しや手づくりささみジャーキー、ごはんのトッピングもささみや砂肝の煮たものに変えるなど、食事療法にも取り組み始めました。
また、アガリーペット、コルディMというサプリメントも飲ませています。(←高い!!!)
効果があるのかどうか、わからないけれど、とにかくできることをやって、進行を遅らせたい。
今のびーの状態をできる限り維持したい。。。
幸いなことに、メラノーマは、それ自体に痛みはないそうです。
既に肺転移が見られ、首筋にも1か所、黒い腫瘍が新たに見つかりましたが、今のところ、そのためにびーが苦痛を感じている様子は見られません。

犬は、人間と違って、「明日」や「未来」という概念はないといいます。
今このとき、今日一日が平穏であれば、それが幸せなのかもしれません。
だとしたら、病気を持っていても、今日一日を、これまでと変わりなく、穏やかに過ごしてほしい。
そんな一日一日をつみ重ねていきたいと、かあちゃんは思っています。

image5.jpg
エリマキトカゲから解放されたびー。
これまでと変わらず、元気いっぱいよ♪

image7縮小
さっき撮ったばかりの最新バージョンのびー。
病気があるようには見えないでしょ?

image6縮小
おまけ。眠るのらくんです(笑)。

今日、かあちゃんは初めて、びーとのらくんを一緒に動物病院に連れていきました。
のらくんは、月1回の爪切りと状態観察のための受診です。
二人ともでっかいし、一緒に連れていくのは大変なので、いつも別々の日に連れていっていたんだけど、びーの受診回数がふえることで、のらくんの受診がおろそかにならないよう、試験的に連れていってみました。
幸い、今日はそんなに暑くないし、病院もすいていたので、思ったほど大変ではありませんでした。
かあちゃんとびー、のらくん。三人一緒のお出かけは初めてだったね(笑)。