大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
治療をやめる
2016年09月29日 (木) | 編集 |
9月29日

先週の土曜日、びーは5回目のインタードッグの注射をしました。
症状が進み、治療効果がほとんど見られないこと、注射や病院に来ること自体がびーにとってストレスになることを考え、これ以上の治療はやめることにしました。

ここのところ、食欲も落ち、息苦しそうな状態が続いています。
あとはもう、かあちゃんにできることは、びーがおだやかな最期を迎えられるよう、できる限りそばにいること、そして祈ることしかないのかもしれません。

びー。おかあさんが仕事でいない間に死ぬんじゃないよ。
ここのところ、びーにそう言い聞かせて家を出ています。

びーとのら1
まだ比較的元気だったころ、珍しく兄弟一緒にくつろいでいます。