大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
1週間
2016年10月29日 (土) | 編集 |
10月29日

一雨ごとに寒さがましてくるような季節になりました。
びーの死から、あっという間に1週間たってしまいました。
びーのお葬式、母の受診同行、母の要介護更新認定調査、そして今日は住宅改修の工事で、大工さんが来ています。
日々の仕事も忙しく、気がついたら1週間たっていた。。。そんな感じです。

忙しくて助かりました。
びーがいないことを忘れていられるから。
でも、家に帰ると、「いるべきところにいるべき犬がいない」という状況に、まだなれることができません。
最後のころ、びーのごはんにほんとに時間がかかっていました。
排泄も、お散歩も。。。
やるべきことがなくなって、生活のリズムがまだつかめません。

朝、起きる時間が遅くなりました。
「びーが待ってるから」と、仕事も超特急で終わらせて帰宅するようにしていたけれど、もうその必要もありません。
夏以来、1階のリビングで雑魚寝していたけれど、2階の寝室に戻って休むようになりました。

びーがいなくなって、かあちゃんの生活が少しずつ変化しています。

8年前、姫君ちぃこが亡くなったあと、かあちゃんの精神状態は普通じゃなかったと思います。
そばに犬がいなくちゃ、かあちゃんはだめになる。
そう思って、ちぃこの死後、1カ月もたたないうちに引き取ったのがびーでした。
今、かあちゃんのそばにはのらくんがいてくれます。
のらくんの存在が、どれほどかあちゃんの救いになってくれているか!
のらくん、ありがとう。

そして、天国のびーちゃん。
8年間、かあちゃんのそばにいてくれてありがとう。
うちの子になってくれてありがとう。
あっという間の8年だったね。
ご縁があってうちに来てくれた子たちの中で、びーと過ごした時間が一番長かったんだよ。
そのびーの最期をそばで看取ることができなかった。
ごめんね。
でも、その時々、かあちゃんにできることをひとつずつやった末のことなので、かあちゃんの中に「そばで看取れなかった」ことへの後悔の気持ちは、実はそれほどありません。
これでよかった。これしかなかった。
かあちゃんはそう思っています。
獣医さんの「この子は満足していると思いますよ」という言葉も、かあちゃんの救いになっています。

びーの最期の日々は、いつか気持ちの整理がついたら、書いてみようと思っています。

090924 001
びーちゃん、ありがとう。


2016年10月21日 (金) | 編集 |
10月21日

今日の午後、びーちゃんは旅立ちました。