大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護老人保健施設
2017年05月23日 (火) | 編集 |
5月23日

30度を超える毎日が続き、いささか早すぎる真夏並みの暑さで。我が家のちゃんこも少々のびてます(笑)。

そんな中、先日、母が無事退院、その日のうちに介護老人保健施設(老健)に入所しました。
老健は、退院してから自宅に帰る前、一時的に入所してリハビリを継続する、いわば「病院とおうちの中間施設」的な位置づけになっています。
前回、リハビリってすごい!としつこく書いたかあちゃん、母にはぜひリハビリを継続してほしい、そして、入所している間に自宅の環境を整えて、母が在宅生活を送れるように準備しようと考えていたのですが。。。

かあちゃんのもくろみ、見事に外れました。
母が「早く帰りたい」と涙ながらに訴えてくるのです。
どうも母には老健は合わないみたい。。。というのは、実はかあちゃんも予想はしていたことではあるのですが、正直困っています。
今、母が在宅復帰してきても、かあちゃん一人ではどうにも支えきれません。
もう少し時間がほしい。
でも、母のがまんが限界に達する日が、意外と早く来るかもしれません。
当初、母の入所は1カ月程度と考えていましたが、万が一、退所が早まる場合も想定して、今日、これから母の担当をしてくださっていた居宅のケアマネさんに相談に行く予定です。

老親の介護。
仕事との両立。
かあちゃん世代の共通の悩み事かもしれませんね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。