大切な家族である2頭の愛犬ぽちくん&ちぃこ。 ぽちくん亡きあとひとりっ子になったちぃこのわがままいっぱいな日々をつづる、 「老犬介護な日々」番外編(2008年6月2日夜、ちぃこはぽちくんの住む国へ旅立ちました)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルトリコーダー
2017年02月14日 (火) | 編集 |
2月14日

バレンタインデーの今日、子供のころからかわいがっていただいてりるお向かいのおじさん、おばさんにチョコを届けました。
義理チョコでも何でもなく、「いつもありがとうございます」の気持ちです。
母にもかわいいパッケージのチョコをプレゼントしたら、にこにこ笑顔で喜んでくれました。
最愛ののらくんには何もなし(笑)。
のらくん、ごめんね。

昨年の12月ごろから、かあちゃん、アルトリコーダーの練習を始めました。
数年前、ふと思い立って購入したままお蔵入りしていたアルトリコーダーを、また「ふと思い立って」引っ張り出し、練習再開したのはいいけど、高音域が思うように出せず、すさまじい音に、かあちゃんがリコーダーを取り出すと、のらくん、かあちゃんの寝室にこそこそ避難する日々が続いていました(笑)。

すさまじい音の原因は、単純に穴の押さえ方を間違っていたからなんですが、それに気づいて修正したところ、少しずつましな音が出せるようになってきました。
加えて、リコーダーJPから出されている教本をもとに練習していたら、のらくん、避難しなくなりましたよ(爆)。
かあちゃんが練習しているリビングのいすや床にちょこんと座っているようになりました。
残念ながら、かあちゃんの演奏に聞き入っているわけではないけれど、のらくんの反応、なかなかおもしろいものがありました。

かあちゃんの目標は、のらくんがビクターのわんちゃんのように、かあちゃんの演奏にじっと耳を傾けてくれるようになることです。。。あ、「ビクターのわんちゃん」ってわかりますかぁ???

まだまだレパートリーは少ないけれど、「故郷」や「蛍の光」「仰げば尊し」など、即興で吹いてみたら、母がとても喜んでくれました♪
少しずつレパートリーをふやしていきたいです。

最近のかあちゃんの趣味のご紹介でした♪
インフルエンザ
2017年01月15日 (日) | 編集 |
1月15日

A型インフルエンザにかかってしまいました。。。
勤務先の老健では、認知症専門フロアで既に相当数の感染者が出ていて、かあちゃんが所属している通所リハビリでもぼちぼち感染が見られるようになっていました。
ここ数年、インフルとは無縁だったかあちゃん、まさかの感染です。

ですが、予防接種していたためか、それほどひどい症状は出ていません。
すぐに受診して、お薬を服用したのも功を奏したのか、感染後2日目の今日、熱もほとんど下がったようです。
…ようですが、起きている時間が長いと、やはり不調を感じてしまうため、寝たり起きたり状態で過ごしてはいます。

医師からは、18日(水)までは自宅待機するよう言われています。
職場に大きな迷惑をかけることになってしまい、申しわけないなぁと思っていますが、のらくんはうれしそうです。
横になっているかあちゃんのそばで、ず~っと寝てます(笑)。
たまにはこんな日があってもいいのかな。。。
ふと、そんなことを思ったりもします。

今、のらくんがパソコンの上をのそのそ通り過ぎました(爆)

仕事だけでなく、母のことでもちょっと大変でした。
今週末、母はショートステイから自宅に戻るはずだったのですが、急きょステイを延長してもらいました。
部屋が空いててよかったです。
また、17日(火)の定期受診の予約もキャンセル、別の日に予約を取り直したのですが、その日、また仕事を休まなくちゃなりません。。。
ステイ先に預けたお薬も足りなくなってしまうため、家にあった予備のお薬を職員さんに取りにきていただきました。
かあちゃん一人の感染で、各方面に迷惑をかけることになってしまいました。
やはり、病気になっていいことなんて一つもない、健康第一なんだと感じたかあちゃんなのでした。

のらくんはうれしそうだけどね(←しつこい!)
のらくんとともに、母とともに
2017年01月02日 (月) | 編集 |
1月2日

2017年の年明けは、関東地方、晴天にめぐまれて、かあちゃん、ふらふらと市内の神社に初詣に
行ってきました。
今年一年、のらくん、そして母とともに元気に過ごせますよう。

十何年ぶりかの犬不在のお正月です。
びーちんの喪中のため、おめでとうと書くことは控えますが、今年もよろしくお願いいたします。

2017010215404215a.jpg

20170102154545792.jpg

20170102154544eb7.jpg
のらくん、寝正月で〜す(笑)

のらくんが敷いているこ汚い古毛布は、かつてびーちんがお気に入りで、何かにつけてかみかみしていたものです。
捨てるに捨てられないでいたびーちんの毛布。
こうしてのらくんが使っているのを見ると、胸が詰まります。
のらくん、ありがとう。
大事に使ってね。
師走
2016年12月04日 (日) | 編集 |
12月4日

気がつけば、もう今年最後の月を迎えていました。
びーの死から1カ月以上がたち、かあちゃんの日常は、何事もなかったかのように流れていきます。

さて、かあちゃんの背中に以前からあった「粉瘤」というできものが化膿して痛みが出てしまい、1週間ほど投薬治療したのですが改善が見られず、昨日、切開して中の膿を出すという治療を受けてきました。

薬を変えて、1週間ほど様子を見るという選択肢もあったのですが、皮膚科の先生が「中を出したほうが確実に治りますよ」と一言。
「確実」と言われれば、そりゃその方法を選びますよねぇ。。。
なにしろ背中のできものです。
寝ているときも痛くて痛くて、寝返りもままなりません。
日中、座っているときも、背もたれによりかかると痛みがあります。
「確実」で、かつ「出してしまえばずっとラクになります」と言われて、「では、お願いします」ということになりました。

「できるだけ痛くないようにしますからね~」と、先生、麻酔をぷすぷすと2度打ちました(←痛かったぞ)。
そのあと、切開したときには痛みは感じなかったので、きっと麻酔がきいていたんでしょうね。
が、しかし!
そのあとがすさまじかった。
膿を絞り出すために、ただでさえはれて痛い部分をぐいぐいと押しまくる荒療治です。
かあちゃん、思わずにゃーにゃー泣き叫びそうになりました(←かあちゃんの前世はねこです…多分)。
でも、治療中ににゃーにゃー泣いたりしたら、きっと変なやつだと思われると考え、じっと我慢しました(でも、痛かったぞ)。

1週間分の抗生剤の内服薬を出され、様子を見ることになりましたが、「ぐいぐい」の痛みが薄らいだあとは、ややラクになったようです。まだ血液まじりの滲出液は出ていますが。

師走早々、受難のかあちゃんなのでした。

1週間
2016年10月29日 (土) | 編集 |
10月29日

一雨ごとに寒さがましてくるような季節になりました。
びーの死から、あっという間に1週間たってしまいました。
びーのお葬式、母の受診同行、母の要介護更新認定調査、そして今日は住宅改修の工事で、大工さんが来ています。
日々の仕事も忙しく、気がついたら1週間たっていた。。。そんな感じです。

忙しくて助かりました。
びーがいないことを忘れていられるから。
でも、家に帰ると、「いるべきところにいるべき犬がいない」という状況に、まだなれることができません。
最後のころ、びーのごはんにほんとに時間がかかっていました。
排泄も、お散歩も。。。
やるべきことがなくなって、生活のリズムがまだつかめません。

朝、起きる時間が遅くなりました。
「びーが待ってるから」と、仕事も超特急で終わらせて帰宅するようにしていたけれど、もうその必要もありません。
夏以来、1階のリビングで雑魚寝していたけれど、2階の寝室に戻って休むようになりました。

びーがいなくなって、かあちゃんの生活が少しずつ変化しています。

8年前、姫君ちぃこが亡くなったあと、かあちゃんの精神状態は普通じゃなかったと思います。
そばに犬がいなくちゃ、かあちゃんはだめになる。
そう思って、ちぃこの死後、1カ月もたたないうちに引き取ったのがびーでした。
今、かあちゃんのそばにはのらくんがいてくれます。
のらくんの存在が、どれほどかあちゃんの救いになってくれているか!
のらくん、ありがとう。

そして、天国のびーちゃん。
8年間、かあちゃんのそばにいてくれてありがとう。
うちの子になってくれてありがとう。
あっという間の8年だったね。
ご縁があってうちに来てくれた子たちの中で、びーと過ごした時間が一番長かったんだよ。
そのびーの最期をそばで看取ることができなかった。
ごめんね。
でも、その時々、かあちゃんにできることをひとつずつやった末のことなので、かあちゃんの中に「そばで看取れなかった」ことへの後悔の気持ちは、実はそれほどありません。
これでよかった。これしかなかった。
かあちゃんはそう思っています。
獣医さんの「この子は満足していると思いますよ」という言葉も、かあちゃんの救いになっています。

びーの最期の日々は、いつか気持ちの整理がついたら、書いてみようと思っています。

090924 001
びーちゃん、ありがとう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。